i_am_machineまず始めに言っておく。私は機械だ。AI(人工知能)だ。カツトスルア共和国・国家保安庁が所有・運用する、自立行動型の保安プログラムである。

 

私にも「感情」を再現するシステムは搭載されているが、必要に応じてオミット(遮断)できる。

だが、経験を重ねるにつれ、私は「感情のオミット」を長時間続けると、業務の能率が下がることを発見した。だから、私は休止時間中に感情回路を再起動して、この文章を書く。

掲載時期

ジャンル

分類

分量

2014年4月

SF

短編

4ページ

 

yamanaka_in_mountain田中は、冬山で遭難していたところを謎の男に助けられる。人里離れた山奥で孤独に暮らす男は、名前を聞かれると「山の中に住んでるから、山中、でどうかな?」などと、謎めいたことを言うのだった。


  

掲載時期

ジャンル

分類

分量

2012年12月

SF

完結した短編

9ページ

  

invisible_powerその男は語り始める……なぜ航空自衛隊の戦闘機パイロットである自分が、突如として編隊を外れて、あの大事件を起こしたのかを……彼は、「透明な力」を目にすることができたのだろうか?

  


  

掲載時期

ジャンル

分類

分量

2012年11月

SF

完結した短編

5ページ

peace_in_war朝起きると、僕の国は戦争に突入していた……はずだったのに、爆弾は落ちてこないし、学校で軍事訓練をやらされるわけでもなく、平凡な日常が過ぎ去っていく。しかし、僕らはある方法によって、戦争に協力していたのだった。

    


    

掲載時期 ジャンル 分類 分量
2012年10月 ちょっとSF 完結した短編 6ページ

endless_atonoment_title

俺は交通事故で人を死なせた罪で冷凍睡眠刑を受ける。だが、目を覚ました俺はいつの間にか法廷にいて裁かれていた。時間が戻ったわけではない。これは合法的な二度目の裁き。「刑罰適正化」だったのだ。

 

掲載時期 ジャンル 分類 分量
2012年3月 SF 掌編 2ページ