ガラス玉

どうも、こんにちは。

世の中はいつも騒がしいですね。事件、事故、戦争、政変、エトセトラ……皆さんもそうだと思いますが、我々凡人は移り変わりの激しい世間にどうにか食いついていき、日々を生きるのに精一杯です。

 

ドイツの文学者、ヘルマン・ヘッセが「ガラス玉演戯」を著したのは、第二次世界大戦の直前から戦中にかけて、世相の移り変わりがどうこうというレベルではなく、世界中が大戦争で大騒ぎだった頃のことでした。

ビッグベンさて、突然ですが、皆さんが読書に目覚めたのはいつ頃でしたか? 私は、幼少の頃から写真がたくさん載った図鑑を見るのが好きだったものの、活字の本に熱中する、という体験をしたのは、小学五年生の時が初めてでした。

 

プロペラ飛行機

さて、今回は解説企画「なぜなにそーせーき!」の第一回として、「飛行機の仕組み1-飛行機はなぜ飛ぶの?」をお送りしたいと思います。

なお、一応、当人としては頑張って書いているつもりですが、マニアの方から見ると間違っている点があるかもしれません。そう言った時は、是非コメント欄等でお知らせください。