仙台市沿岸部_2013_01_04_閲覧2011年3月11日に発生したあの大震災から、今月で一年になりました。

 

私自身は、あの大震災では、当日に家に帰れなくて知人の家に泊まったとか、家が計画停電の対象になって、田舎だったのでけっこうばんばん停電したとか、まあ被害はその程度でした。これから放射線の被害が出てくるかどうかはよく分かりませんけどね。 (画像は仙台市沿岸部。Google Earthより。2013/01/04閲覧)

しかし、そういった震災による直接の被害以上に、この震災は日本の問題を浮き彫りにしたようです。それを埋め合わせようとでもするかのように、今、絆という言葉が盛んに繰り返されています。

 

ですが「同じ日本人だから絆を結んで支え合おう」とは言いますが、確かに日本人同士権利は平等でも、原発の近くに住んでいた人と、原発の遠くに住んで電気だけ使っていた人とは、「同じ日本人」なのだろうかとか、考えずにはいられません。

 

折しも、福島の小学校では、一時的に避難した後戻ってきた子供たちが「裏切り者!」と言われて教師からも子供からもいじめられているという噂話が流れてきています。

 

今回は、非国民と言われるのを承知で、震災について色々もの申したいと思います。

上昇する飛行機

さて、前回は、飛行機がどういう仕組みで浮かび上がるか解説しました。今回からは、飛行機の操縦方法について説明したいと思います。

ガラス玉

どうも、こんにちは。

世の中はいつも騒がしいですね。事件、事故、戦争、政変、エトセトラ……皆さんもそうだと思いますが、我々凡人は移り変わりの激しい世間にどうにか食いついていき、日々を生きるのに精一杯です。

 

ドイツの文学者、ヘルマン・ヘッセが「ガラス玉演戯」を著したのは、第二次世界大戦の直前から戦中にかけて、世相の移り変わりがどうこうというレベルではなく、世界中が大戦争で大騒ぎだった頃のことでした。

ビッグベンさて、突然ですが、皆さんが読書に目覚めたのはいつ頃でしたか? 私は、幼少の頃から写真がたくさん載った図鑑を見るのが好きだったものの、活字の本に熱中する、という体験をしたのは、小学五年生の時が初めてでした。

 

プロペラ飛行機

さて、今回は解説企画「なぜなにそーせーき!」の第一回として、「飛行機の仕組み1-飛行機はなぜ飛ぶの?」をお送りしたいと思います。

なお、一応、当人としては頑張って書いているつもりですが、マニアの方から見ると間違っている点があるかもしれません。そう言った時は、是非コメント欄等でお知らせください。