その2:キャラクターの破綻

キャラクターの破綻とは、執筆中に「このキャラクターはこんなことしない・言わない」と気づくことである。この連載で「作劇上の一貫性原則を守れ」という話を書いたことがあったが、キャラクターの破綻とはまさに「キャラクターの一貫性が破れること」に他ならない。

 

キャラクターの破綻が起こるのは「ストーリーの都合で、キャラクターを無理矢理動かさなければならなくなる」場面であることが多い(よって、キャラクターの破綻とはストーリーの破綻の一類型であると言えないこともない)。

 

しかし、プロットの段階では自然なように見えたキャラクターの動きが、実際の執筆では不自然になってしまうなどという事態は、一体なぜ起こるのだろう?

 

ここで書き手は「キャラクターを作る」ことがいかに難しいかを思い知らされることになる。多くの書き手は、プロットと平行してキャラクターの設定を詰め、大抵は設定資料のようなものを作るだろう。

 

が、特に執筆を開始した直後は、そうした事前準備が何の役にも立たないと痛感させられることが多い。「この場面なら、このキャラクターはどう動くだろう?」そんな簡単な問いに答えられないことが、執筆開始直後にはなんと多いことか! 後々のストーリーとの整合性も考えながら書かなければならないのだから、なおさらだ。

 

だから、キャラクターには「執筆前の段階で予め作られる部分」と「執筆中に手探りで作られる部分」があると言える。そして、このうち「執筆中に手探りで作られる部分」が、ストーリーと整合性がとれなくなると、後々の場面で「破綻」を来してしまうのだ。

 

この種の状況についての概要は以上の通りだが、原因については、二通りあるように思える。

 

 

・キャラクター設定の詰めが甘かった

 

単純に、キャラクターを作る過程で「執筆中に手探りで作られる部分」の割合があまりにも多かったため、段々と「プロットの段階で考えていたキャラクター像」から脱線していき、ついには「プロットの段階で考えていたストーリー」との整合性さえも取れなくなってしまった、というわけである。

 

予防策としては、当然、次からはキャラクター設定をもっと細かく作ることである。

 

遭遇してしまった場合の対処法としては「キャラクターに合わせてストーリーを書き直す」か「ストーリーに合わせてキャラクターを書き直す」かの二択である。

 

大抵の場合「ストーリーに合わせてキャラクターを書き直す」方を選ぶことになるのではないかと思うが、選ぶ基準としては、どちらか思い入れの強い方に合わせることになる。

 

・キャラクターとストーリーの擦り合わせが甘かった

 

このケースは、キャラクター設定の詰め方自体は十分だったが「このキャラクターはこの状況ならこういう行動をする」というプロット段階での想定が、執筆段階になって初めて「……いや、やっぱりそうはならないだろう」と気づく、というパターンだ。

 

これは、上記の「キャラクターの設定の詰めが甘かった」とは似ているようで微妙に異なる。前者の原因は「キャラクター」の設定作業だけにあると考えるのに対し、ここでは「キャラクターとストーリーの関係性」に注目している(まあしかし境目は曖昧なので、ほぼ同じものと考えてもいいかもしれない)。

 

予防策としては「キャラクターが重大な決断を迫られる場面」のプロットを細かく書くよう心がけよう。これは、キャラクターの性格がもっとも顕著に表れるのが「決断」の場面だからである。こういった場面のプロットを、キャラクターの心情の動きを含めて細かく書けば、執筆の段階で「なんかこのキャラ不自然だな」となることは少なくなるはずだ。

 

また「キャラクターが重大な決断を迫られる場面」を先に書いてしまう、という予防策もありだと思う(自分ではやったことがないが)。こうすれば作品内におけるそのキャラクターの「ゴール」を事前にはっきりと決めることができるので、脱線はかなりしにくくなるはずだ。また、キャラクターの心情の動きについて、致命的な矛盾が生じる可能性も小さい。

 

遭遇した場合の対処法については……まことに言いにくいのだが、誰か教えてください、というのが正直なところだ。というのも、この種の破綻に気づくのは「キャラクターが重大な決断を迫られる場面」に差し掛かったタイミングが多く、すなわち、そこは作品の終盤であることが多いからだ。

 

ストーリーにせよキャラクターにせよ、終盤まで来て書き直すのはかなり難しく、よって、この種の問題への対処は非常に困難である。

 

いっそ最初から書き直した方が……と思い詰めることもあるが、もちろん外野からおすすめできるようなことではない。

 

ただ……自身の書き手としての成長という長い視点で見ていくならば「あ、失敗しちゃった……次からは気をつけよう」ということにして、そのまま勢いで完成させてしまい、その作品のことは失敗作として封印し、次の作品を書き始める……というのが、一番いいかもしれない。

 

蛇足だが、せっかく終盤まで来たのなら、完成はさせた方がいい。どんな駄作でも完成させた方がいい(その方が将来のスキルアップにつながる)、というのは、多くのプロが共通して語っている上達のコツである。

 


 
data-matched-content-rows-num="5" data-matched-content-columns-num="1"