plotting_basicというわけで、今回はプロットの作り方について論じてみる。

 

 

そもそもプロットとは何か

プロットとは、簡単に言えば小説の設計図のようなもの……などと説明されることが多いし、それで大体間違ってはいないのも確かなのだが、これが実際にプロットを作るという話になると「プロットとは小説の設計図である」という簡単な理解では済まされなくなってくる。

 

プロットという概念は、一見すると簡単に見えるが、実はかなり込み入っていて難解である。

 

そんなプロットの真髄に近づくため、まずはなぜプロットが必要とされるかを確認しておこう。

 

特に長編小説の場合がそうだが、何も考えずに(あるいは頭の中にある曖昧なイメージだけを頼りに)小説を書き始め、最後まで書ききるのは難しい。さらに言えば、その小説を面白くするのは至難の技だ。

 

このために、小説を実際に書き始める前に用意するのがプロットである。プロットの内容は、後述するように書き手によって千差万別だが、小説のおおまかな筋立てとか、主要な場面についての詳細とかをあらかじめ書いておくのが一般的と思われる。なお、プロットと同じく書き始める前に用意するものとして、キャラクターや世界観の設定資料もあるだろうが、これらは一般的にプロットとは呼ばれない。プロットとはあくまでストーリーについて記したものを指す。

 

言ってみれば、プロットを書くとは旅行の計画を立てることに近い。旅行に行く前、たぶん誰もがそうだと思うが、普通は計画を立てる。どこに行って、あれを見よう、これをしようと決める。移動や観光にかかる時間を考慮しながら、少しでも良い旅行になるようにと計画を練る。

 

旅行の計画がなくても、旅行はできなくはない。ただ、その旅行が良い旅行になるかどうかは神のみぞ知るところである。そうした旅行は、往々にして運任せになるからだ。旅行が途中で壁にぶつかって、中断を余儀なくされてしまう可能性も、無計画の場合は高くなる。

 

プロットもこれと似ている。プロットなしで小説を書くことは、不可能ではない。ただ、壁にぶつかって中断してしまう可能性は高くなるし、面白くなるかどうかも運に左右されやすくなる。

 

ただ、聞くところによると、世の中には特別な才能を持った天才というのもいるらしい。こうした天才は、プロットなど書かずとも面白い小説をかけてしまうのだという話だ。

 

まあ、しかし、過程はどうあれ面白い小説さえ書ければいいのだ。プロットがないと面白い小説が書けないからといって、才能のなさを悲観することはないように思う。

 

次項からは、プロットの何が難しいのかを書いていこう。

 

プロットの何が難しいのか

小説そのものは、一連の作業の成果物であるし、読者が読むものだから、そのあるべき形というのはある意味明確だ。

 

しかしプロットは違う。プロットが読者の目に触れることはなく、ただ作者が執筆作業の際に参考にするだけだ。だから、プロットは作者の気分次第で様々な形をとりうる。言ってみれば、プロットは自由すぎる。そのため「プロットをどう書けばいいか」は非常に悩ましい問題となる。

 

もちろん、プロットの存在意義は「小説を書く上で役に立つこと」だから、これを軸にプロットのあり方を模索していくことになる。

 

ただ、小説を書きたがる人間なら誰しも小説を読んだことがある一方、プロットは(多くの人は)読んだことがない。なので参考になる情報がない。これがプロットを書くことを難しくしている点の一つ。

 

さて、ここからが本題だ。プロットが難しい点は色々あるが、最大のそれは「大まかに書きすぎると行き当たりばったりの度合いが増えてしまうが、細かく書きすぎると現場の裁量が減りすぎる」という、大まかさと細かさのバランスの取り方だ。

 

まず「現場の裁量」という小説には一見すると不似合いな言葉が出てきたので、これについて説明したい。

 

小説を書いていると、あらかじめ書いておいたプロットから逸脱したくなる時が往々にしてある。「これ(プロットどおり)ではいけない」と気づくのだ。

 

小説を実際に書き進めていくと、プロットの段階では分からなかったことが分かるようになる。文章を書き連ね、キャラクターのエピソードを積み上げていくと、プロットを書いていた時には見えなかったものが見えてくる。それはあたかも「会議室から見た事件」と「現場から見た事件」が様相を異にしているのと似ている。

 

だから私は、このような「プロットの段階では分からず、実際に小説を書いてみて初めて感じた感覚」を「現場感覚」と呼んでいる。

 

先ほど私はプロットは旅行の計画に似ていると述べたが、この「現場感覚」の考え方も、旅行に当てはめてみると分かりやすい。

 

旅行の計画を立てるのは大事だが、計画通りの旅行は往々にしてつまらないものだ。

 

旅をしていれば、計画にはなかったものを目にしたりすることはしょっちゅうある。そういう時、多少計画から外れることになったとしても、気の向くままに寄り道をするのが、良い旅行だと思う。また、それが可能なように、予め余裕を持って立てた計画こそが、良い旅行計画だと思う。

 

プロットの「現場感覚」の考え方も、これと同じだと思ってもらえればいい。

 

問題はここからだ。「プロット」と「現場感覚」。果たして、優先されるべきはどちらだろうか。

 

これはもうケースバイケースとしか言えず、どちらを選んだ方が小説が良くなるのか、その都度判断していくしかない。現場感覚を優先してプロットを上書きすることもあるし、プロットを優先することもある。プロットを優先する場合、それまで書いた部分を書き直すことが多い。

 

さて「現場」という言葉の意味を明確にしたところで、プロットの話に戻る。

 

まず言っておきたいのが「プロットと現場感覚が絶対にずれないような完璧なプロットを書くことを目指す」のはやめた方がいいと思う、ということだ。計画とは計画どおりにいかないことをある程度織り込んで立てるべきだというのが通説であり、何もかもが計画どおりに行くことを前提として立てられた計画は、一言で言って脆い。

 

さて、そうなるとプロットを書く上での基本方針は「行き当たりばったりの要素を減らしつつ、現場の裁量をある程度残す」となる。

 

しかし、これはそのまま難しいバランスの問題になる。

 

プロットが大まかすぎると、現場の裁量は保たれる一方、執筆中に考えることは増え、言って見れば「現場の負担」が増大する。

一方でプロットが細かすぎると、現場の負担は減る一方、裁量もまた減り、現場感覚を生かすことが難しくなって、不測の事態への対応力が減退する。

 

と、このように、プロットをどこまで大まかに、そしてどこまで細かに書くかは、非常に難しい問題である。私自身もこの方面にはまだ未熟で、小説を一本書くたびに、少しずつ勉強しているところというのが実際だ。

 

極私的プロット作り

私自身もいろいろなプロットの作り方を試したが、ここ数作は以下のような手順で作っている。少しでも参考になれば幸いに思う。

 

まず第一段階として、非常に大まかな話の筋を「出来事が起こった時系列順に」書く。

 

出来事は同じであっても、それを語る順番によって、小説の面白さが変わることがある。このため、時系列を入れ替えたり、飛ばしたりする手法が、物語ではよく用いられる。

 

ただ、実際には作品世界では物事は時系列順に起こっているし、たとえそのシーンが小説に描かれなくても、登場人物たちは日々を過ごしている。

 

そこで、実際のプロット以外に「時系列順のプロット」というものの存在意義が生まれる。起こった物事を時系列順に書き連ねることによって、出来事や、登場人物たちの心の動きを掴んでおき、後で矛盾が生じないように把握しておく。

 

「時系列順のプロット」を書き終えたら、第二段階として、次は「小説で書く順番のプロット」をもう少し細かく書く。ここに書く内容は、時系列順のプロットの内容を、面白くなるように順番を入れ替えたりしつつ、より細かく詳細を記したものになる。

 

大まかなものを書いてから細かいものを書くのは、詳細を詰めていくのも重要ながら、あらかじめ全体を把握しておくのも同じぐらい重要だからだ。個別のシーンが全体にとってどういう意味を持つのかを、詳細を決める前に掴んでおくべきだと思う。

 

次回予告

今回の内容は、未だ研究途上のテーマということもあってか、基本的な問題意識について確認するだけに留まってしまった感があり、悔いが残る。

 

ただ一つ言えるのは、プロットの書き方は人それぞれだということだ。たとえば「小説の書き方」本を色々読んでみても、どれ一つとしてプロットについて同じようなことを語っている本はない(少なくとも今まで読んだ限りは)。

 

私としては、懲りずにプロットの書き方について研究を続けるつもりなので、読者の皆さんも大体そんな感じでいいんじゃないかと思う。

 

次回は「実際の執筆作業について」とでも題してお送りしたいと思う。

 

では、また。