作者コメント:久々の超ショートショートです。

 

法事の席で、ある冷血漢な父親が、子供から質問を受けた。

 

子供「お父さん、お墓って、生きてる人には何の役に立つの?」

 

父親はこう答えた。

 

父親「もちろん、お墓は生きてる人にも役に立つ。だが、その理由は自分で考えなければ駄目だ」

 

子供はそれなりに納得して、親戚の子供達との遊びに戻っていった。

すると、それを見ていた親戚が父親に話しかけてきた。

 

親戚「いやあ、上手くかわしましたな。私も見習いたいですよ」

父親「? 何の話です?」

親戚「お墓の話ですよ。ああいうことを聞かれると、大人は参ってしまいますからな。私もこれからはああいう風に答えを返したいと思います」

父親「……何か勘違いしておられるようですが」

 

父親は言った。

 

父親「お墓が生きている人に役に立つのは、精神衛生を向上させるからです。自分が死んでもこういう風に祀ってもらえると思うと、それに値する人間でいられるようにと、頑張って生きようと思えるものです。そのことに自分で気づけないと、墓参りに行かなくなったり、行ってもおざなりになったりして、精神がすさんでしまい、良い人生を送れなくなりますから、さっきはあのよううに答えたのです」

 

これを聞いた親戚は、思わず絶句してしまったという。

 

~完~