A国とB国は隣り合う国だったが、昔、いろいろあったせいで今はあまり仲が良くない。

 

A国は自国の文化や歴史に誇りが高いが、一般に、B国はそれ以上で、A国の文化は全てB国のパクリだと主張する、と少なくともA国では考えられている。

 

ある時、A国とB国は戦争をしていたのだが……

 

 

 

~A国の場合~

 

休憩中の兵士たちは、何気なくB国のドラマを見ていた。

そこへ、噂を聞いた憲兵が抜き打ち検査にやってくる。

 

憲兵 「くぉらああ! 何をやっとるか!」

A国兵 「げっ! 憲兵だ」

憲兵   「貴様ら……さては敵であるB国のドラマを見ていたな……逮捕する!」

A国兵 「ひえええ……」

 

こうして、B国の文化に触れたA国兵は逮捕されていった。

 

 

~一方、B国の場合~

 

休憩中の兵士たちは、何気なくA国のミュージックビデオを見ていた。

そこへ、噂を聞いた憲兵が抜き打ち検査にやってくる。

 

憲兵 「くぉらああ! 何をやっとるか!」

B国兵 「おや、誰かと思えば、憲兵どのではありませんか」

憲兵 「貴様ら……さては敵であるA国のミュージックビデオを見ていたな……逮捕する!」

B国兵 「ご冗談を。これは我らがB国のミュージックビデオですよ」

憲兵   「なに……?」

B国兵 「そもそもA国の音楽というのはもともとB国のパクリです。ですから、これもB国の音楽なのです」

憲兵   「しかし、これはA国語ではないか」

B国兵 「そもそも、A国語自体が、B国語のパクリなのです」

 

 憲兵はしばらく考えていたが、やがてこう言った。

 

憲兵   「なるほど! それなら、俺も一緒に見ることにしよう」

 

こうして、A国の文化に触れたB国兵は、逮捕されずにすんだのだそうな。

 

めでたしめでたし。