日本では今年、一世を風靡した感のある「アナと雪の女王」。先行して公開された海外でも大人気だそうで、まさに世界中を席巻したと言っていいでしょうね(画像はアフィリエイト)。

 

今回は(当ブログはほとんどいつもそうですが)、いい感じに時期を逸した真夏の今になって、映画を見た私の感想を書きたいと思います。

9d_free_thumb映画「第9地区」は2010年公開のSF映画で、各方面から高い評価を受けた名作です。そんな「第9地区」を、手続きさえすればずっとタダで見られる(ただし画質はSD)チャンスが到来しています。

 

Amazon内にあるインスタントビデオなるサービスが行っている「1000円クーポンキャンペーン」を利用するのですが、順を追って説明して行きましょう。

 

640px-Palace_Bristolかつて栄華を誇った架空のホテル「グランド・ブダペスト・ホテル」。今では見る影もなく落ちぶれてしまったこのホテルにも、かつては全盛期がありました。

 

その全盛期を支えたコンシェルジュ「グスタヴ・H」氏と、その部下の移民少年「ゼロ・ムスタファ」を主人公に、笑いあり、サスペンスあり、ロマンスあり、師弟愛ありと、様々な要素を練り上げた、知られざる傑作映画です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         第十六代アメリカ合衆国大統領、エイブラハム・リンカーン。

 

彼の名を冠した2012年の映画「リンカーン」は、実際に見るまでは私もてっきり、いわゆる「奴隷解放宣言」の話だと思っていました。

 

実際には少し違っていて、この映画は「合衆国憲法修正第十三条」の成立を描くことにより、リンカーンの異なる一面を捉え……そして「リンカーンは黒人差別そのものは否定しなかった」という、今も彼につきまとう批判に、再考を迫るという、なかなかの意欲作になっているのです。

 

fuwarateえー、ダイエットにおすすめの炭酸飲料の記事を書いてから幾星霜。

 

季節はすっかり春ですが、おもむろに、この冬のダイエット生活で重宝した食品や便利グッズをご紹介したいと思います。