我が家のF-2戦闘機をご紹介します。

F-2戦闘機(玩具)

 

玩具ですが \(^O^)/

 

最近は戦闘機のプラモデルも半完成塗装済みなんてのが出てきて、私のような不精者にも便利な時代になりましたね。昔プラモデルに挑戦して挫折したのが遠い日の思い出です(遠い目)。

 

これなんか尾翼とピトー管(機首先端部のとがったやつ)を差し込むだけで完成ですからね。本当に楽です。昔はキャノピーに接着剤を垂らして汚してしまったりもしましたが、キャノピーは最初からはめ込んであるのでそんな心配もいりません。

(えっ。車輪はどこにあるのかって? 面倒くさいから省略したひ、飛行中ですよ飛行中)

 

ご覧の通りサイズも小さいので置き場所に困りませんし。

 

……で、F-2って何?

F-2の勇姿この航空自衛隊F-2戦闘機は、納入当初に初期不良が見つかったりで欠陥機などと言われたこともありましたが、初期不良なんてよくあることなのでさっさと改良して今でもしれっと使われております。戦後の日本が開発した戦闘用航空機としては二番目(だからF-2)です。


 

F-2は空対艦戦闘を念頭に開発された近年では珍しい戦闘機です。が、日本の置かれた状況を見ればそれもうなずけるというものでしょう。日本にとって一番まずいのは敵の上陸を許すことですから(まあ、そういう危険はだいぶ少なくなりましたが)。

 

F-2は日本の独自開発というわけではなく、アメリカとの共同開発で、アメリカの傑作小型戦闘機F-16をベースに作られています。そのため、元になったF-16と外見はよく似ていますが、実際は全く別な戦闘機です。小柄なF-16と違って、F-2は国産のデカい対艦ミサイルを四発も積め、かなり高い対艦戦闘能力を誇ります。ただ、その分F-16の持ち味だった身軽さを利用したドッグファイト(空中格闘戦)能力は少々劣っているらしい、というのが一般的に航空オタクの間でささやかれる噂です。実際、機体を大型化しただけ空気抵抗が増しているでしょうから、特に加速力は少々物足りないのではないかと思われます。

 

しかし、私も最近ややライトめの現代海戦シミュレーションゲームをやって実感したのですが(あくまでゲームを通した実感ですがw)、デカい対艦ミサイルを四発も積めるというのはなかなか希有でかつ貴重な能力です。他国製の同世代機だと二発しか積めないこともしばしばあり、それでは高度な防空システムを持つ敵艦隊に対しては火力不足です。

 

先述の理由からF-2は欠陥機だと未だに主張する人たちがいるらしいですが、少なくともF-2は日本が国土防衛に要求する性能は十分満たしていると言えるでしょう。

 

F-2、飛ぶただ、懐疑論者の言うことにも理がないわけではありません。私も唯一、F-2の価格だけは欠点と認めざるを得ません。お値段、一機約百億円と言われております。先述のF-16はたしか三十億円ぐらいだったと思うので、これは明らかに高額です。まあ、日本独特の事情があるんでしょうが、ここではそれには触れないでおきたいと思います。

 

ま、私のF-2は千円切ってたけどね\(^o^)/

 

もっとF-2について詳しく知りたい人はWikipediaの該当ページをどうぞ。

 

えふつーが とんでいるところを みてみよう

最後に、F-2の離陸から飛行シーンを捉えた動画を貼り付けて終わりにします。いやー、この年の(というか2011年、去年ですが)入間基地航空祭は、私も行ったんですがすごかったんですよ。入間基地航空祭で戦闘機が飛行展示するのは近年では珍しいですからね。F-2が上空で何度も旋回する演技を見せてくれました。またいつかご紹介しますが、航空祭は航空自衛隊のお祭りで、一般の人も基地に入って飛行機を見れます。入間基地航空祭は毎年11月3日に開かれる、首都圏から最も近い航空祭ですよ。

ではご覧あれ

 

飛ぶF-2。