how_to_use_moneyTwitterでたびたび「黒字は出ている」という発言を繰り返してきてはいましたが、よく考えたらこのホームページから得た広告収入を何に使っているかは、今まで書いてきませんでした。

 

というわけで、今回はホームページからの収入の使途について書いてみたいと思います。

 

 

大公開! ……というほどでもない

まず、このホームページの広告には三種類あります。「Google Adsense」「Amazon アソシエイト」「iTunes アフィリエイト」です。これらの広告以外に(2014年12月現在は)ホームページからの収入源はありません。

 

このうち「iTunes アフィリエイト」は設置数が少ないこともあってほとんど収益を上げていないので割愛。

 

残る二つの「Google Adsense」と「Amazon アソシエイト」ですが、Amazonアソシエイトの方は月によって変動が大きいものの、長いスパンで見るとおおむね同じぐらいずつ収益を上げています。

 

Google Adsenseは現在、振り込みが8000円以上貯まってからということになっているので、大体年に一回振り込まれる形になっています。

 

で、その使い道ですが、ちょうど年に一回、レンタルサーバーの契約更新があるので、それの支払いに当てるとほぼ消えます。それでも多少余る分は、生活費の足しというか、小遣いにしています……が、本当に微々たる額です。

 

Amazonアソシエイトの方は、現金受け取りだと5000円貯まってからの振り込みになってしまう一方、Amazonギフト券での支払いだと500円から支払ってくれるというシステムになっています。

 

で、うちの収益力ですと、Amazonギフト券ならぎりぎり毎月支払われる一方、現金だと年に一回ぐらいの振り込みになってしまうのですね。

 

これでは何とも面白くないので、Amazonギフト券での受け取りに設定しています。そうすると使い道も限られてくるのですが、最近はもっぱら電子書籍(Kindle本)の購入に充てていますね。

 

購入する本ですが、Kindleはライトノベルとビジネス関係の本が充実しているので、どうしてもそういうのが多くなっています。

ライトノベルは「この本、最近話題だな」とか「気になるな」と思うけど、紙の本を買いたいと思うほどではない……というものを主にKindleで買っています。お金の問題というより、本を置けるスペースには限りがあるのです……ただ、稀にそうした理由で電子版を買った本をものすごく気に入ることもあり、そういう時は紙で買い直しています。

 

ビジネス関係本の方は、基本的に値引きされてお得感が出ているものを買う感じです。そういう本は図書館で借りることも多いのですが、値引きされてお得感があれば、電子とはいえずっと手元に置いておけるという利点がありますね。

 

まとめ

まとめると、サーバー代+電子書籍代が、このサイトからの収益の主な使い道ということになりましょうか。

 

別段、面白くも何ともない話ですが……やっぱり一応、報告しておこうかなと。

 

最後になっていまいましたが、ここに書いたことは2014年12月時点での話であって、今後また変わっていくこともあり得ます。

では。