土下座お待たせしました!

……はい、そうですね。誰も待ってないですね。締切を破った時だけ読める記事なんてね。
私自身、前回「私が締切を破るたびに、皆さんは言い訳が聞けます!」などと冗談めかして言いましたが、それからわずか三ヶ月でこの記事を書く羽目になろうとは。
しかも、前回は偉そうなことを語っていたのに、今回は……ね。

 

私とゲーム、どっちが大事なの!?

さて、なぜ今回(2013/7)、締切をぶっちぎってしまったのか。

ズバリ!

 

……ゲームにハマっていたからです。

 

……ゲームにハマっていたからですorz

 

こ、これは言い訳になるのだろうか(滝汗)

 

いやー……4Gamerっていうゲーム専門のニュースサイトがあるんですがね。もう十年来、私は愛読者やってて、実は送ったコメントが採用されて掲載されたことも何度かあったりして、すごく愛着のあるサイトなんですが。


 

で、そのサイトが強力に推すMMORPGって久しぶりだったんですよ。

 

少し脱線気味になりますが、近頃はMMORPGも一時期ほど注目されなくなりましたよね。ネトゲといえばMMORPGだった時代からFPSが盛り上がって、一部の人はRTSにハマったりして……最近じゃ、RTSなんてかなーり盛り下がりましたし、FPSもプレイヤーは多いかもしれないですけど、最先端という感じはしなくなりましたね。DotAをはじめとする、MOBAというのが出てきましたが、まだそこまで盛り上がってないですよね。

 

2013年末には家庭用ゲーム機の新型が投入されますから、そうなれば状況もある程度変わるのかもしれないですけど。個人的には、最近は色々なシミュレーションゲームをやっていますが。

 

脱線が長くなりましたね。そんな感じで、最近はMMORPGなんて話題に上ることすら減っていたように思います。それだけに、4GamerがArche Ageを強力に推しているのを見た時は「あれ?」って思ったんですよ。運営会社からお金をもらって宣伝記事を書いていたのかどうか知りませんが、この際そんなことは関係ないかなと思ったんですね。実際、記事を読んでいると、面白そうでもありました。


 

そこで実際にやってみたら……ドーンとハマってしまったんですね。えーと、私、昔からMMORPGにはほとんどハマらなかったんですが、Arche Ageはマジで面白かったです。少なくとも序盤、最初の帆船を建造するまでは、夢中になってやりこみました。

 

ヨット一週間ぐらいみっちりやれば、誰でも持てるんですよ。帆船が。武装や容量は貧弱だけど、高速なやつが。私もね、ついさっき建造してきたところなんですが、いやー、自分の船を持つというのはいいものです。ほんとに。


 

材料集めには苦労したんですけど、そこまで嫌気が差すというわけでもなかったですしね。鉄鉱石を掘って、綿花を育てるなり買い集めるなりして、丸太を伐採して……

 

まあ、丸太集めには少しばかり苦労しました。Arche Ageでは、丸太は野生のものを伐採するか、自分で育てた木を伐採するかしかないのですが、一カ所あたり1日に一回ぐらいしか育たない野生の木は競争率が高いですし、盗まれる危険にさらされずに自分の木を育てられる場所は限られています。というのは、自分のかかしの周囲以外で植えた植物は、誰かに盗まれてしまう危険が常にあるのです。

 

ですが、ここからがArche Ageの面白いところでして、他人のものを盗んだり、PK(殺人)を犯すと足跡が残り、それをクリックすると「通報」ができます。すると泥棒の犯罪ポイントがたまっていき、一定値を越えると指名手配され、その後PKされると裁判に送られます。で、裁判では一定の資格を満たしたプレイヤーが陪審員として臨席して、有罪・無罪はもちろん、量刑を決められるのです。

 

たとえば「刑期60分」を宣告されると、60分間刑務所に収容されます。その間は何もできません。話に聞くところによると脱獄は簡単らしいですが、刑期の間は一切のスキルを使えず、徒歩移動以外ほぼ何もできないらしいです。
また、相当な重罪犯には死刑が宣告されることもあり、そうなるとガチでキャラクターを削除されるのだとか……

 

裁判所さらに、裁判の模様はチャットによって、同勢力内の全てのプレイヤーに公開されるというのも面白いポイント。

従来のゲームでは泥棒や殺人をしても「やったもん勝ち」な部分がありましたが、Arche Ageではちゃんと晒され、罪を償わされるというのが面白いですね。

 

俺が大事だと思うのは俺だけだ

……とまあ、そんな感じであれよあれよという間に引き込まれてしまい……気づいたら締切間際で……がんばったんですが、まあ無理でしたね……ほんとすいませんです><

 

前回の言い訳では「いいものを書くために時間をかけたんだから再発防止などしない!」などとむちゃくちゃなことを言っていましたが、うーん、今回はですね、なるべく再発は予防したいと思います。心がけます。

 

え? いやいや、良いものを書くためには時としてパーッとと遊んだ方がいい、なんてことは思ってもいませんですよですよ?

 

……ですよ?

 

こんなとこで言い訳はできたかな……?

 

では、もう二度とこのような記事でお会いすることのないように! アディオス!