はい! 今月は締切どおりに更新をすることができました。

 

今月の月例短編は「未空ちゃん、レンタルDVDの謎を解くの巻」です。ミステリ(?)で児童文学(?)という、我ながらどうしてこうなってしまったのかという異色作になっています。が、書き手としてはいつもと違うのが書けてまあまあ満足です。しかし、読み手の評価はどうなるやら……

 

この他に書評「『ルパン、最後の恋』――さらば、怪盗紳士」と解説「陸軍と海軍に対する空軍とは」を掲載しました。

 

また、ようやく時間的にも余裕が出て来たので、いよいよ旧サイトからの小説移転を加速させようと思います。そこのところについては、報告はまた。

 

では。