筆者独白「こんな記事を書くやつも可哀想だよなあ」

えー、何の前触れもなく始まりました。「2012年度 KAWAISO OF THE YEAR」。

 

これは、2012年を通して、もっとも可哀想だった個人・団体などなどを勝手に表彰してしまおうという企画です。

言うまでもないことですが、審査は神無悠樹の独断と偏見に基づいて行われます。

(写真は一切関係ありません)

悩む美女何気ないタイトルに思えるかもしれませんけど、これ、上を目指して小説を書いている人にとっては切実な問題なんですよ。

なかなか上手く小説が書けずにいると、「努力が足りないのかなあ」ってつい思っちゃうもんなんです。っていうか、普通はそうなんです。


アネクドートをマスターすれば、美女の笑顔があなたのものに!こんにちは。突然ですが、皆さんはアネクドートというものを聞いたことがありますか?

 

「ある!」という方は……失礼ながらこうお呼びしなければなりませんね。「同志! お前もか!」

 

アネクドートというのは、主に共産圏で生まれた、きつい政治風刺を含むジョークのことです。

 

 

自殺今回は、巷を騒がせている大津市の中学生自殺事件に絡んで、いじめ問題についてちょっと書きたいと思います。


学校の正体とは……?**この記事は、以前書いた「分からないことは分からないままにしておけ」に対する、2011年の大津市中学生自殺事件と、当該事件の2012年7月頃の報道過熱を受けての追記です**

 

別に、この事件の報道過熱をきっかけに以前書いた記事にクレームがついたということはないのですが、あまりにも通じるところが大きかったので、追記させていただきます。



 
data-matched-content-rows-num="5" data-matched-content-columns-num="1"