bunpou何の巡り合わせか、私の文章を見るのはこれが初めて、という方のために書いておくと、私は小説を書いている。

 

小説を書いていると「ここは『私が』にしようか、それとも『私は』にしようか」なんて考え込むことがしょっちゅうある。いわゆる「助詞・助動詞の選択」というやつだ(なお、私は助詞と助動詞の区別をつけることをあまりしない――変化の有無が違うということぐらいは知っているが、あまり興味がない)。この話は、もっと簡単に「てにをは」と言い換えることができるかもしれない。

 

write_down今回は、誰もが簡単に情報を発信することを可能にしたツール……とりわけ、ブログ、Twitterについて、徒然と書きたいと思います。

 

tochou2014年1月現在、日本は東京都知事選を目前に控え、ある命題が話し合われています。ずばり「脱原発を都知事選の争点にするのは間違っているのか否か」です。

 

私の立場としては明確に「脱原発」支持なのですが、それを踏まえた上で、以下では「脱原発を都知事選の争点にするのは間違っていない」という主張を、理由を示しつつ展開します。

 

N112_hooduewotukujyosei500さて、誰一人として待望していないでしょうが、2013年版「KAWAISO OF THE YEAR」がやって参りました。

 

 

今年度版を書くにあたり、昨年度版を読み返したのですが、ひどいもんですね……一年前の自分はこんな記事を書いていたのかと思うといやはや

 

ま、それは忘れるとして、KAWAISO OF THE YEARは去る2013年で最もKAWAISOだった人物、団体、および無生物を表彰する(?)ものです。なお、KAWAISOの定義はよくわかりません。

 

では、行ってみましょう。

 

yasukuni12013年12月26日、安倍首相が靖国神社に参拝し、国内の一部と国外のほぼ全部から顰蹙を買いました。

 

それについて安倍首相は「国のために戦った英霊を追悼するのは当然のこと」と「説明」しましたが、私としてはこれは受け入れられません。なぜなら「国のために戦った英霊」の中には色々な政治的立場を持った人がいたのに、靖国神社はそのうちの一つしか支持していないからです。

 

以下ではこの点を詳細に述べようと思います。