write_down今回は、誰もが簡単に情報を発信することを可能にしたツール……とりわけ、ブログ、Twitterについて、徒然と書きたいと思います。

 

 

むかーしむかし

そもそもインターネット黎明期、ホームページを持つには月賦を払って有料レンタルサーバーを借り、HTMLと呼ばれる言語でホームページを「書く」必要がありました。

 

有料サーバーというだけで敷居が高いですが、HTMLも相当なくせ者で、習得にはそれなりに勉強が必要です。

このため、情報を収集するだけなら誰にでも出来ましたが、発信することはまだまだ難しかったのですね。

 


そこに、広告をつければ無料でサーバーを貸すというサービスが登場し、次いでブログが登場しました。

ことにブログの登場は画期的で、これによりHTMLを習得していなくても、誰でも情報を発信できるようになりました。またブログは、HTMLを習得済みの人にとっても、更新の手間が大きく省け、頻繁な更新が可能になるという利点がありました。

 

そうしたブログの「手軽さ」が極限まで至ったのが、Twitterというわけですね。多機能だったブログをあえて単機能にしてシンプルにまとめ、そこにソーシャル機能を加えるだけで、あれほど面白くなるなんて、私には想像もできませんでした(最近はTwitterも多機能化に舵を切っているように思えますが「手軽さ」を追求し、ユーザーにストレスを与えないよう細心の注意を払う姿勢は、なおも健在です)。

 

 

本当にTwitterでいいのかしら

ただ、最近あちこちでこんな声を聞くことが多くなっています。ブログには、Twitterにはない良いところがあるのではないか。Twitterは、ブログの上位互換ではないんじゃないか、と。

 

私がそういう声を強く意識するようになったのは、Twitterのあり方に疑問を感じてはいたものの、違和感を上手く言葉にできなかったある日、ある記事を読んだ時でした。

 

その記事では、Twitterとブログの使い分けについて「Twitterは書いた内容が、ある意味強制的にフォロワーの目に入る。それはちょっとどうかと思うので、アクの強い意見(政治的な意見など)は、読みたい人だけが読みにくるブログに書くことにしている」という、一般の人の意見が紹介されていました。

 

私はこれを読んだ時、目から鱗が落ちました。いやあ、自分はそこまで人を気遣っていなかったな、と。

 

まあ、Twitterにものを書く人は、読む人を気遣う義務があるなどとは全く思いませんが、そういう考え方をする人がいることを知ったのは、一つの転機でしたね。

 

とにかく、その出来事を経験してからというもの、ブログとTwitterの違いをちょくちょく考えるようになりました。

 

一時期などは、Twitterは更新情報を投下するだけにして、そのほか書きたいことは全部ブログに書こう、などと思ったこともあります。が、さすがにTwitterの手軽さは捨てがたく、今でも頻繁に書き込んでいますね。流れてくる情報も面白いですし。

 

ただ、やっぱりTwitterも登場当初ほど魅力がなくなっている感じはします。人が増えたせいか、システムが微妙に変わったせいか……両方かなあ、と思いますが。

 

でもなんだか「2ちゃんねるからTwitterに移ってきたけど、ここも居心地悪くなってきたなあ。次の楽園はどこだろう」なんてこと言ってる人をみかけると、不毛なこと言ってるなあ、って思ってしまいます。

 

根無し草は私も大好きなんですけど、でも歩いた後に何も残らないというのは……時間を費やしたのに、なんだかもったいない気がします。

 

 

徒然なるままに

まあ、これは月並みな意見なんですけど、ブログにはため込むことができる一方、Twitterに書いたことは流れ去ってしまいますからね。

 

時事ネタについてちょっと書くだけならTwitterで、時間が経っても読み返してもらえるようなネタはブログで、とかがいいんですかねえ……。

 

なんか、締まりのない記事になってしまいましたが……こんなんで、時間が経ってからの読み返しに耐えられるのだろうか(汗

 

なんか、思い出したように、こんな締まりのない記事を書いてる気がしますが、懲りずにがんがんやっていこうと思います。

では、このへんで。