yasukuni12013年12月26日、安倍首相が靖国神社に参拝し、国内の一部と国外のほぼ全部から顰蹙を買いました。

 

それについて安倍首相は「国のために戦った英霊を追悼するのは当然のこと」と「説明」しましたが、私としてはこれは受け入れられません。なぜなら「国のために戦った英霊」の中には色々な政治的立場を持った人がいたのに、靖国神社はそのうちの一つしか支持していないからです。

 

以下ではこの点を詳細に述べようと思います。

 

 

そもそも靖国神社とは

Tokyo_Shokonshaそもそも靖国神社はどのような神社であるかというと、戦前は一言で言って、国や軍の公的な戦死者追悼施設でした(画像は前身の東京招魂社)。

 

当時の靖国神社は公的な管理下にあり、その存在は国策、すなわち軍国主義と一心同体そのものでした。ただこの時期は、国や軍の管理下にある分、責任の所在が明らかで、ある意味まだマシだったと言えなくもありません。

 

しかし戦後、国の管理下から外れて宗教法人として歩み出してから、問題が目に付くようになってきます。

 

靖国神社は、戦前の軍国主義的な価値観・歴史観を、そのまま現代に引き継いでいます。戦後の日本社会で大多数の人が受け入れた価値観・歴史観を、この神社はほとんど受け入れておらず、政治的には「中立」はおろか「孤立」していると言っていいでしょう。

 

まあ、それだけなら思想信条の自由という話なのですが、戦前は公的な追悼施設だったという歴史から、一部の政治家が特別視しているとなると、話は変わってきます。靖国神社のたびたびの政治問題化は、他のところでよく説明されているとおりです。

 

 

政治的中立性がない追悼施設に、なぜこだわるのか

安倍首相が言うように、国のために戦った英霊を追悼するのは当然のこと、というのは、共感する人も多いでしょう。しかし、英霊を追悼するための施設が靖国神社というのは、果たして適切なのでしょうか。

 

477px-Graves_at_Arlington_on_Memorial_Day本当に「国のために戦った英霊を追悼する」のであれば、戦死者は分け隔てなく処遇しなければなりません。もちろん、生前の政治的立場には関係なく、全戦死者を悼まなければならないのです(画像はアメリカのアーリントン国立墓地)。 


それを破り、特定の政治的立場を持った英霊だけを追悼するような人がもしいれば、その人は英霊追悼を口実に、実際には英霊を政治利用しているに過ぎません。言うまでもなく、そんなことは英霊に対する冒涜です。

 

もちろん、私が指しているのは安倍首相による靖国神社参拝のことです。日本の首相が国のために戦った英霊を追悼するのは当然かもしれません。が、なぜ参拝先のリストに、政治的中立性がない靖国神社が含まれているのでしょうか。日本国の首相なら、軍国主義以外の政治的立場を持っていた英霊も、平等に追悼するべきではないでしょうか。

 

政治的中立性がない靖国神社に「参拝しないこと」にこだわるなら理解できなくはないですが、政治的中立性がない靖国神社に「参拝すること」にこだわる人物が、なぜ全日本国民の代表を名乗り、全ての英霊を追悼するなどと標榜しているのでしょうか。まるで軍国主義ではなかった英霊は英霊ではなく、軍国主義ではない国民は非国民だと言わんばかりではないですか。

 

 

靖国神社は軍国主義だが、全ての英霊が軍国主義者だったわけではない

中には「靖国神社に祭られている戦死者なんて、みんな軍国主義を支持してたんじゃないの?」という方もいるかもしれません。しかし、そうではないと考えるのが妥当です。

 

代表的な例を挙げると、陸軍大尉の上原良司氏が挙げられるかと思います。

 

Ryoji_Uehara上原良司氏は、太平洋戦争末期に戦死した特攻隊員の一人です。その上原氏が残した文章からは、慶応大学経済学部を学徒出陣で繰り上げ卒業させられた氏が、熱烈な自由主義者であり、全体主義には明確に反対の立場をとっていたことが明らかになっています。

 

氏の来歴については、本題に外れるのでこれぐらいにしますが、詳しく知りたい方はWikipediaの該当記事などが詳しいです。

 

と、このように、英霊の全てが、靖国神社のように軍国主義を信奉していたわけではありません(まさか戦死した特攻隊員である同氏を「英霊ではない」などと言う不届き者はいないでしょう)。同様な話は、同氏のように広く知られることはなくても、市井のあちこちに転がっていると思います。

 

 

結論:英霊の追悼施設には政治的中立性が求められるが、靖国神社はこれを満たさない

ですから、私は何度でも言います。英霊の追悼施設には、政治的中立性が必要で、この点で靖国神社はまったく適していません。

 

この記事の主題は以上を明らかにすることなので「じゃあどうすべきか」を示すのは主題を外れるのですが、一応、少しだけ最後に触れておきたいと思います。

 

今後の選択肢は二つです。

 

1:内閣総理大臣は、政治的中立性のある追悼施設のみの参拝に切り替える

 

640px-Chidorigafuchi_National_Cemetery1最近、米政府高官が献花したことで話題の「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」が有力な切り替え候補地になると考えられます。

 

しかし、それだと「戦死者は『靖国で会おう』と言っていたのだから」という反論がよくあります。個人的には、英霊はそんな心の狭い人たちじゃないだろうと思うのですが、そういう方には次の選択肢があります。

 

 

2:靖国神社を国有化し、政治的中立性を強制的に導入する

 

ただ、これはいかにも憲法の保障する「信教の自由」に抵触しそうであり、かなり危ういような。

まあ、憲法を改正したがっている安倍首相には、渡りに船なのかもしれませんが。

 

 

最後になってしまいましたが、我々も偉大なる指導者・安倍晋三首相の政策「積極的平和主義」を取り入れて、積極的に安部晋三氏の退陣を目指していきたいところですね。

 

では。