ご存知の方が多いかもしれませんが、Macに標準搭載されているのはPython2.xであるため、Python3.xをVS Codeで実行(デバッグ)するためにはちょっと設定が必要です。

 

個人的に軽くハマってしまったので、自分用のメモもかねて記事にしておきます。

 

(この記事はこちらのサイトを参考に書かれました)

 

 

手順1:MacにPython3.xをインストールする … 色々なサイトで紹介されてるので詳細は省きますが、Homebrewを使うのが一番簡単で手っ取り早いんじゃないでしょうか。

 

手順2:launch.jsonを編集する … VS CodeでPythonをデバッグしようとすると、設定を書き込むためのlaunch.jsonファイルが作成されるのはご存知と思います。これを編集します。

 

作成された初期の状態では”Python”、”Python Console APP”、”Django”、”Watson”とそれぞれのブロックに別れているのが分かると思います。

 

そのうち、該当するブロック(自分が使うもの。通常は”Python”)に、以下の一文を挿入します。

 

“pythonPath”:” –-Pyton3.xへのパス—”

 

これで設定は完了です(Python3.xへのパスは、ターミナルで「which python3」などのコマンドで調べられると思います)。

 

“pythonPath”の設定項目はVS Codeの基本設定にもあったので、最初はそちらをいじっていたのですが、なぜか上手くいかず、このやり方で上手くいきました(……もしかしたら自分がVS Codeを全く理解していないだけかもしれません)。