melamine_sponge文字入力を頻繁にこなす仕事の人などは、キーボードのいろいろな汚れが気になるかと思います。

 

特に(私の体質のせいもありますが)キートップの脂汚れはどう落としたものか、前々から悩んでいました。

 

ただ、今回ネット上で「メラミンスポンジがおすすめ」という情報を見つけ、試してみたところ、体感できるほどの効果がありました。ということで、画像付きでご紹介したいと思います。

 

 

れっつ・くりーにんぐ

参考にしたのはこちらのページ。ありがとうございます。他にもけっこう「キーボード メラミンスポンジ」などのキーワードで検索すると出てきます。

 

ちなみにメラミンスポンジというのは、メラミン樹脂なるものを原料として作られたスポンジだそうで、これで物の表面を擦ると、消しゴムのような感じで(メラミンスポンジ自身も汚れながら)汚れを落とせるのだそうです。ただし、汚れを落としたい物の表面も削れてしまうことがあるので、デリケートな物には向かないそうな。

 

dirty_keyboardで、こちらがその汚れが悩ましいキーボード。まあ、写真ではよく分からないのですが、実際に見ると手の脂がテカって見えるほどなのですね……

 

melamine_sponge2そこで取り出しましたのがこちらのメラミンスポンジです。

実は私、メラミンスポンジなるものは初耳で、使ってみようと決意したはいいものの「どこに売ってるのかなあ」などと首をかしげていたほどだったのですが、何気なく訪れた百円ショップで発見w

用途に合わせて、色々な大きさに切り分けて売っているようです。

 

パッケージには「水をつけてこする」とありますが、場合によっては水はなくてもいいそうで、精密機器であるキーボードもそうですね。

 

cleaning_keyboardというわけで、乾いたままのメラミンスポンジでこすってみます。こする時に力が強すぎると、表面が削れて文字が剥がれてしまうことがあるらしいので、強すぎず弱すぎずの力加減でこすります。

 

dirty_spongeしばらくこすっていると、こんな感じで汚れてきます。お、思ったより汚れがたまっていたなあ、と……

 

beat_keyboard

最後に、私流の掃除術として、キーボードをこんな感じに裏返して斜めに立てて、上からパンパンと叩きます。ホコリや髪の毛などが、けっこう落ちてきます。


 

手軽なキーボード掃除の方法としておすすめ

以上、一通りの手順を見てきましたが、メラミンスポンジを使った掃除の特徴としては「手軽さ」が挙げられると思います。

 

よく台所用洗剤を使う方法や消毒用アルコールを使う方法などが紹介されていますが、キーボードを壊さないように気を遣ったり、わざわざ買ってこなければならなかったりと、少し手間がかかります。

 

その点、メラミンスポンジなら百円ショップに百円で売っていますから気軽に試せますし、水も使わないので安心です。強く擦りすぎるとキーボードが削れてしまう可能性があるという話もありますが、私が試した限りでは特にそうしたことはありませんでしたので、やりすぎなければ大丈夫ではないかと思われます。

 

2015/05/17 追記:後日、やっぱりやり過ぎると削れてしまい、キー二個分の文字が読めなくなってしまいました。気をつけましょう。

 

面倒くさいのは嫌だけど、キーボードの汚れは気になる……そういう人には、おすすめできる方法かな、と思われます。