たぶん、この記事の上の方にも表示されていると思いますが、先日、当サイトもスマホ対応に伴い、Adsenseもレスポンシブ広告にしてみました。

 

レスポンシブ広告とは、端末の画面サイズに合わせて広告サイズを変えてくれる広告ユニットのことです。これでスマホ対応も楽になる……と思っていたのですが、ちょっとした問題が発生。

 

記事末尾の広告には特に問題はなかったのですが、上の方に掲載されている(横長サイズを想定した)広告に、テキスト広告……もっと言えば、やる気のない広告しか出ていなかったのです。スマホから閲覧した場合は問題なかったのですが、PCから閲覧した場合は、ほとんどテキスト広告ばかりになっていました。

 

このせいか思ったような成果が上がらず、悩むばかり……。ところが、意外な解決法がありました。

 

 

表示して欲しい広告サイズに合わせて、CSSを設定

よくみるとそのレスポンシブのテキスト広告は、ページ全体の幅いっぱいに表示されていました……900pxぐらいあります。

 

「ああ、CSSでwidthを100%にしていたからか……」

 

too_large_adイメージにすると、この画像みたいな感じ。本当は黒塗り部分の大きさにして欲しかったのですが、実際には白抜きの長方形の大きさに。広告の幅が大きすぎます。

 

私はてっきり、レスポンシブ広告はサイズ内に収まる範囲で最も値段の高い広告を表示してくれるのだと思い込んでいたのですが、どうやら(少なくとも2014/01/07時点のバージョンでは)勝手な思い込みだった模様。

 

ということで、CSSをいじって、レスポンシブ広告を入れているdivのmax-widthを728pxに設定。これで、PCから閲覧した場合でも、Googleが推奨するビッグバナー(728×90)が表示されるようになり、画像広告が次々と表示されるようになりました。

 

 

まだβ版だし、心配ならCSS(メディアクエリー)でサイズを設定した方が無難かも

まあ、まだβ版だから、多少の不具合は自己責任というものですよね。

 

あと、このサイトは零細サイトなので、もともとテキスト広告が表示されやすい、というのは、確実にあったと思います(汗

ここだけの話、今でもたまにテキスト広告になりますからね(滝汗 ……

 

それでも、同じ悩み(レスポンシブ広告にテキスト広告ばかり表示される)をお持ちの方は、CSS(必要ならメディアクエリーをつけて)を使って、広告のサイズ(特に幅)を指定してみるといいかもしれません。