いや~、いいですね、Dota AutoChess。


ヘビーゲーマーでない私にとっても、空いた時間でサクッと遊べて、そこそこの思考力を試されて。エンジョイとガチのバランスが良い感じ。


何より、ゲーム終了後のスッキリ感が良いですね。

三位以内でフィニッシュできれば「まあ上位だから良いか」と満足できますし、それ以下でも「運が悪かったからだよね~」と言い訳が……いえ、運要素の強いゲームですからね?


イマドキの人気が出るゲームには、ある程度の運要素がつきものなんですよ、うん。


というわけで、今回はDota AutoChessの基本戦術について書きます。

基本ルールは知っているものとして、勝つための戦術についてです。

目次はこんな感じ。


・なんじ、お金を貯めなさい

・構成を決めて、全力でコミットしなさい

・ゲームの流れを見極めなさい

・おまけ:勝率に関する考え方とランクの上げ方についてのぼやき


※構成についてもっと詳しく知りたい人が多いみたいなので、追加で記事を書きました。

■AutoChessの構成について基本的な考え方と構成例

http://shinshibunsei.com/index.php/blog/11-game/426-autochess-composition-strategy

よろしければどうぞ


factory_townというわけで、今回はPCゲーム「Factory Town」を紹介してみたいと思います。



一言で言うと、難易度が易しい一方で、ライン自動化系ゲームの醍醐味はしっかりと味わえるという「ライン自動化系ゲームをやってみたいけど、Factorioは難しすぎた」という人におすすめのゲームです。


タイトルの通りです(笑)


Apex Legendsっていうゲームで初めて勝てて嬉しいので、この思いをブログに残しておこうと。


LoLを始めてから(たぶん)3年(ぐらい)。


この間、一貫してメインポジションはADCでプレイしてきたのですが、いい加減に他のポジションもやりたくなりました。


ならどこへ行くか。JGは正直言って難しすぎるし、TOPはやってみたら勝率はまあまあだったけど誰も来ないから寂しすぎるし、SUPは序盤から激しい戦いになるのが楽しかったけどキャリーできない悲しみが……。


じゃあMIDでもやるか、と思っていろいろやってみたけどいまいち勝てなかった……のですが、最近ようやく(低レート帯ですが)勝てるようになってきましたので、その時に気づいた「ウェーブクリアの大切さ」についてメモ的にまとめてみます。


production_line「何をいまさら……」という感じではありますが、今回は2017年に早期アクセスが開始されたゲーム「Production Line」の攻略情報を軽く書きたいと思います。


たまに起動して遊びたくなるゲームなんですよね。一度、攻略情報をまとめておきたいと思っていたんです。



 
data-matched-content-rows-num="5" data-matched-content-columns-num="1"