RisingStorm_ClearSilhouette「Rising Storm(以下RS)」は太平洋戦争の歩兵戦闘に的を絞ったリアル系FPSです。

 

独ソ戦を舞台にした「Red Orchestra 2(以下RO2)」のスタンドアロン拡張パックになります(つまりRSの起動にRO2は必要ありません)。

 

知る人ぞ知る名作FPSである「Red Orchestra」シリーズですが、これまでは我々にあまりなじみのない独ソ戦(とりわけスターリングラード)を舞台にしていました。が、RSの舞台は、日本人にもなじみ深い太平洋戦争。興味を惹かれる方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、本作はプレイアビリティとリアリティの両立を成し遂げた、なかなかの秀作でした。

 

wog_md_title先日、数年前に有名になった「World of Goo」というゲームのPC版が、1ドルで売られているのを見かけたので購入。

 

 

早速起動してみたのですが、なぜか上手く起動せずorz

 

どうやらマルチディスプレイ(一台のパソコンに二台のディスプレイをつなげて画面を広くすること)がいけないようだったのですが、まさか1ドルのゲームのためにディスプレイをいちいち付け外ししたくはないので、以下に対処法を覚え書き。

 

da_topiOSゲーム「Devil’s Attorney」。和訳すると「悪徳弁護士」でしょうか。結論から言うと、今回はとんだ掘り出し物を見つけました。

 

弁護士バトルという触れ込みから「逆転裁判のアメリカ版かな?」「英語に堪能じゃないと楽しめないのかな?」と思っていたのですが、実際には良い意味で予想を裏切る、ウィットとブラックユーモアに彩られた良質な「詰め将棋風のストラテジー」でした。

 

aw_victory先日、Assault Waveというゲームが期間限定で無料配信していたので、ちょろっとダウンロードして遊んでみましたが(失礼ながら)いつもみたいに長々と書くほどのゲームでもなかったので、ミニレビューということにしたいと思います。

pro_steamer主に海外作品を扱っているPCゲームダウンロード販売サイト「Steam」。その筋の人では超有名なこのサイトですが、日本からではクレジットカードなしには利用できないのが難点でした。


 

 

*2014/08/28 追記: Steamが日本円に対応したのに伴い、PROスチーマーのサービス内容も大きく変わりました。現在では、以下の記事内容は当てはまらないことの方が多くなっています。ご注意ください。

 

ところが、2011年にライフカードがプリペイド(前払い)式のクレジットカードサービス「Vプリカ」を開始してから状況は一変。これは、コンビニ払いや銀行振込によって金額が限定されたクレジットカードを取得し、その番号を打ち込んでネットショッピングをするというサービスでした。

クレジットカードを使ってネットショッピングをすることに抵抗がある人を中心に、広く受け入れられたのですね。

 

クレジットカードを持たないゲーマーの方も、よくVプリカを利用してSteamのゲームを購入しているのを見かけるようになりました。

 

それに対抗するのかどうかは分かりませんが、先日、デジタルコンテンツのダウンロード販売を行う株式会社「デジカ」から「PROスチーマー」なるサービスが開始されました。こちらはそのものずばりSteamユーザーに的を絞った内容で、クレジットカード払い、コンビニ払い or 銀行振込でSteamウォレットに入金できるという内容。

 

Steamウォレットというのは、まあSteam内専用でゲームの購入などに使えるポイント、ということになりましょうか。

 

というわけで、以下、この新しい「PROスチーマー」の紹介を中心に、従来からある競合サービス「Vプリカ」との比較を合わせて行っていきたいと思います。