ti4Dota2というゲームがあります。最近出てきた新しいゲームジャンル「MOBA」に属するゲームです。

 

日本では知られていないものの、海外では今なかなか勢いがあるゲームでして、私もちょくちょく遊んでおります。

 

今回は、そのDota2の世界大会の模様を無料でゲーム内観戦する方法をご紹介します(といっても、大した話ではないんですけどね)。

 

 

世界の戦いをご自宅に

ここで言うDota2の世界大会とは、正確には「The International」を指します。

実はDota2の世界規模の大会は異なる主催者によって催される色々なものがあるのですが「The International」はDota2の運営元である米国Valve社が主催するということもあり、現在最も権威ある大会となっています。

 

「The International」の2014年度の大会「The International 2014」は通称「TI4」と呼ばれます。優勝賞金500万ドル、賞金総額1000万ドルという、日本ではちょっと考えられないようなゲームの大会でした。

 

今回紹介するのはこのTI4を無料でゲーム内観戦する方法です。この原稿を書いているのは2014年11月ですが、大会は2014年7月に全て終了しているので、この時の試合のリプレイを観戦する形になります……まあ、録画映像をダウンロードして観るようなものだと思ってもらえれば大丈夫です。

 

dota2_spectate1まず、Dota2のゲーム本体(無料)を起動したら「観戦」タブをクリック。さらにその下にある「最近のゲーム」を選択すると、ゲーム一覧が出てきますが、ここに表示されているのは野良試合です。世界大会の試合を表示するには、まず、左上にある「フィルター」を開いて……

dota2_spectate2「トーナメントゲーム」の項目にチェックを入れて「適用」。


 

dota2_spectate3試合のリストが更新されて、TI4の試合の一覧になっているはずです(少なくとも2014年11月現在は)。左上のアイコンにマウスカーソルを重ねるとTI4のロゴが出てくると思います。

 

当然の話ですが、この操作でTI4の試合が表示されるのは、他の大会の観戦チケットを買ったりしていない、初期状態の場合(まあ、ほぼ全ての初心者の方が当てはまるでしょうが)であって、観戦チケットを買っている大会がある場合はそちらも一緒に表示されるものと思われます。

 

dota2_spectate4ともあれ、この状態ではいくつもの試合が並んでいると思うので、一番上の「詳細」をクリックしてみます。TI4決勝戦第四試合「Newbee vs Vici Gaming」の試合ですね。両方とも中国のチームです。ここで「リプレイをダウンロード」をクリック。

 

ダウンロードというと、膨大なデータ量の動画を落とさなきゃならないのかと思うかもしれませんが、心配はご無用。これがゲーム内観戦のいいところですが、ダウンロードするのはリプレイデータだけですので、動画のような大容量ではありません。回線にも寄りますがそれほど時間をかけずにダウンロード完了すると思います。

 

dota2_spectate5ダウンロードが完了すると「ダウンロード済み」の中に追加されます。

dota2_spectate6「詳細」をクリックして「リプレイの観戦」を押すと、リプレイの再生が始まります。

dota2_spectate7こんな感じに。


 

ゲーム内観戦の良いところ、悪いところ

ちなみにTI4始め多くのDota2の大会は、Youtubeなどでも動画を見ることが出来ます。

 

しかし、今回紹介したゲーム内観戦には、動画にはない利点がいくつもあります。

 

まず、カメラを自由に動かすことができます。動画の場合、視点は撮影者の視点をそのまま反映させた形になりますが、ゲーム内観戦なら、プレイヤーが自由に視点を動かすことができ、これを利用してたとえば「あ! この選手が使ってるのは俺のお気に入りのヒーローだ。どーれ、最初から最後までじっくりこの選手のプレイだけを観させてもらおうか」などと言った具合に、動画では不可能な観戦の仕方も可能です。

 

また、ゲーム内のデータを自由に参照することも出来ます。両チームでどれだけゴールドの差がついているかと、どのヒーローがどんなアイテムを持っているかとか。最近のアップデートでは、一回の集団戦でどれだけの経験値差・ゴールド差が生じたかといったデータまで表示できるようになりました。

 

このほか、先に挙げた容量の少なさとも関係しますが、画質が良いのも見逃せないポイントです。

 

逆に、ゲーム内観戦のデメリットは、動画がほとんど無料で視聴できるのに対し、ゲーム内観戦は多くの大会が有料である点です。TI4など一部の大会が例外的に無料になっている形のようでして、ゲーム内観戦無料の大会を探すだけでも一苦労……何か、私が知らない探し方ってあるのかもしれませんが……

 

まとめ:観戦を楽しもう

ともあれ、実際に遊ぶことだけでなく、世界のトッププレイヤーの戦いを手軽に観戦できることも、Dota2というゲームの魅力です。

 

観戦をしていると、トッププロの動きを自分のプレイで真似てみたりといった新たな遊び方も見えてきて、より深くDota2を楽しめるようになります。

 

その足がかりとして、世界大会の観戦はうってつけです。是非お試しあれ。

 

では、私も陰ながら、皆さんのDota2ライフの充実を祈っております。