boom_beach2_thumnailなんでもっと早く書かなかったんだというツッコミを華麗にスルーしつつ送るBoom Beach入門第二弾。今回は、島を守るための「防衛施設」と、上陸作戦のお供「支援砲撃」を紹介していきます。

 

 

 

サザンアイランドのパラダイスをエンジョイするためのナイスなディフェンサーたちをイントロデュース!

というわけで、ゲーム序盤から中盤に登場する防衛施設をさらっと紹介していきます。

 

boom_beach_snipertowerまずはこちらの「スナイパー塔」。

 

スナイパーという名前のかっこよさとは裏腹の、パンパンと単発の攻撃を繰り返すだけという地味さですが、ゲームを続けていくにつれ「このスナイパー……地味だが、地味は地味なりに強い!」ということが分かってくるはずです(勝利だけでなく敗北もそれを教えてくれますw)。

 

特に戦車登場直後は、野砲の数の少なさを補うための重要な戦力であることを、改めて意識させられるのではないでしょうか。

 

boom_beach_machinegun1続いて手に入るのがこちらの「マシンガン」。


 

 

スナイパーより強そうに見えますが、過度な期待は禁物です。

 

boom_beach_machinegun2実はこのマシンガン、一見してみるとそれなりに射程があるように思えますが、射程距離の端に行けば行くほど命中率が下がるという特徴を持っています。

 

その分、敵ユニットが接近してくれた時は強いので、序盤は司令部の近くに配置して司令部に直接肉薄しようとする敵を返り討ちにするのが、順当な使い方でしょうか。

 

boom_beach_mortar次に登場してくるのがこの「迫撃砲」。

 

現実世界の迫撃砲は、人力で持ち運べるような小型の大砲のうち、上に向けて撃つことで相手の真上から砲弾を撃ち込むような兵器のことですが、このゲームの迫撃砲は、密集した歩兵を一網打尽にする防衛施設として登場します(リアルでもそんなに間違ってないですねw)。

 

炸裂型の兵器ですので、先述した通り密集した相手に同時にダメージを与えられる利点がある反面、ゲーム的にバランスをとるためなのか、一発あたりの威力は弱いものと設定されています。また、上に向けて撃たなければならないせいか、近すぎる相手には攻撃できないという制約があります。

 

また、これも意外な欠点ですが、やはり上に向けて砲弾を撃ちだすために、着弾までの時間が比較的長くかかります。このため、移動中の敵に撃ってもあまり当たりません。

 

以上の欠点を踏まえると、迫撃砲は敵ユニットが他の施設の攻撃に夢中になっている間を狙い撃てるよう、施設が密集している部分や、頑丈な施設の後ろに配置するのが良い、ということになりましょうか。

 

boom_beach_cannonゲーム中盤以降、強さの上でも数の上でも主力になってくるのがこの「野砲」です。野砲の特徴はなんと言ってもその一発当たりの威力の高さにあります。しかも戦車に対してはそのダメージが二倍になるという特殊能力つき。

 

ある程度ゲームが進んでくると、スナイパーの威力が物足りなくなってきますが、野砲はそれを埋めてくれるちょうどいい存在ですね。

 

しかし、そんな野砲の欠点は「連射ができない」ことです。一発撃つと次の一発を撃つまで時間がかかってしまいます。このため、ライフル兵の人海戦術などにはとても弱いです。

 

しかし、野砲が登場する頃には、これまでに紹介した防衛施設を使って、野砲の欠点を克服する陣形が組み上げられるようになっているはずです。腕を振るって挑戦してみましょう。

 

boom_beach_flamethrower「火炎放射器」は、射程は短いですが、威力はなかなかのものです。


 

 

その射程の短さをカバーするために、配置を上手く工夫する必要があります。王道としては、機関銃と同じく、司令部の直衛にするのがいいですかね。

 

boom_beach_boomcannonさて、このあたりから一種の「パワーインフレ」が起こったのか、登場する防衛施設が「秘密兵器」みたいになってきます。その代表格がこの「ブームキャノン」です。


 

 

ブームキャノンは、平たく言ってしまえば野砲のパワーアップ版です。一発あたりの威力は野砲をも上回り、射程も長め。野砲譲りの対戦車二倍効果つき。しかしやっぱり、連射が遅い。

 

とはいえやっぱり強力ですので、あまりの強力さのために、上陸前の砲撃で破壊されてしまうことが多いです。

 

boom_beach_rocketluncher秘密兵器第二弾がこちらの「ロケットランチャー」。その名の通りロケット弾をバシュバシュと撃ちまくって、敵ユニットを薙ぎ払う強力な兵器です。

 

迫撃砲のパワーアップ版ということなのか、炸裂型の兵器で密集した相手に特に有効である反面、一発当たりの威力はやや弱めになっています。近接してきた相手を狙えないという欠点も同じです。

 

それでも、たとえば撃たれ弱いバズーカ兵の集団などは、一度狙われるとひとたまりもありません。

 

 

サプレッシン・ファイアァァァァァ!

ここからは支援砲撃の紹介に入ります。支援砲撃とは、戦闘中、攻撃側プレイヤーが、島の沖合に浮かぶボートから防衛陣地に撃ち込む攻撃です。

 

支援砲撃にはいくつかの種類があり、単純に防衛施設にダメージを与える「砲撃」から始まって、攻撃側ユニットを回復させる「治療キット」、一時的に防衛施設を反撃不能にする「ショックボム」などがあります。

 

「支援」砲撃という題をつけましたが、実際にはその威力は「支援」にとどまらず、使い方次第で攻防の成否を分けるぐらい強力なものです。

それぞれの特徴を正しくつかみ、効果的に使用することができれば、勝率アップ間違いなしでしょう。

なお、種類に関わらず、全ての支援砲撃に共通した要素がいくつかあります。

 

1:使用にはエネルギーが必要

boom_beach_gunboat支援砲撃にはエネルギーを消費します。エネルギーは一度の戦闘中に回復することはなく、その初期値はガンボートのレベルによって決まります。消費するエネルギーは支援砲撃の種類ごとにことなり、基本的に、強力なものほど消費するエネルギーも大きいです。

 

ちなみに、このエネルギーは攻撃ユニットの「戦車」を投入する際にも消費されます。つまり、投入ユニットに戦車が含まれている場合、支援砲撃に使えるエネルギーが減る、ということです。

 

2:消費エネルギーは回数ごとに増えていく

たとえば「砲撃」の消費エネルギーは最初は3ですが、二発目は5、三発目は7とだんだん増えていきます。

同じ種類の支援砲撃をたくさん使おうと思っても無理ということでして、可能なら色々な種類の支援砲撃をちょっとずつ使う方が良い、ということになるでしょうか。

もちろん、それでもあえてショックボムを連発した方が強いこともありますから、状況によるということになりそうです。

 

3:着弾までタイムラグがある

支援砲撃は種類を選んだ上で、島の場所をタップすると、ガンボートから砲弾が放たれます。が、指定した場所にまで砲弾が届くには、若干のタイムラグがあります。このタイムラグは、島の奥に行けば行くほど大きくなります。

タイムラグはほんの一瞬ですが、微妙な勝負では、この一瞬の差が勝敗を分つこともままあります。覚えておきましょう。

 

 

では、ここからはそれぞれの支援砲撃の種類を見て行きましょう。

 

boom_beach_artyまずは全ての基本となる「砲撃」です。狙ったところにまっすぐ飛んで行き、ドカン、と炸裂します。百発百中ですが、プレイヤーが狙いを誤った時(タップ操作のゲームではよくあります)はこの限りではありません。

 

ポイントとしては、隣接する防衛施設の間に撃ち込んで命中させると、一発で同時にダメージを与えられます。ゲーム中盤以降はこれに引っかかる相手は一人もいなくなりますが、序盤は知らない人もいるので、これを利用すると大きく優位に立てます。

 

ちなみに、この「砲撃」と後述する「一斉砲撃」で地雷を砲撃することにより、地雷を誘爆させて取り除くこともできます。また、間違えて味方攻撃ユニットを砲撃すると、しっかりダメージが入りますので、ご利用は計画的に。

 

 

boom_beach_flareさて、このゲームではユニットを上陸させた後に指示を出すことはできません。唯一、このフレアだけが例外です。

 

フレアとは照明弾のことです。発煙弾でもいいかもしれません。これを撃ち込むと、撃ち込んだ場所にユニットが集結します。

 

とはいえ、フレアにできることは、ある一点にユニットを集結させることだけで、複雑な指示を出すことはできません。正面を大きく迂回して後ろから敵司令部を襲うとかぐらいならできますが、右と左に部隊を分けて両方から攻撃をしかけるといったことはできないわけです(このゲームの場合、やる意味もあまりないですがw)。

 

また、フレアの効果時間が終了すると、ユニットは手近な防衛施設に向かって突っ込んでいきます。行軍中に効果時間が切れてしまうと、高確率で悲惨なことになります。

 

このため、このゲームでは事前に侵攻ルートを計画することがとても大事です。

また、ほとんどのユニットは移動中は射撃ができないのも要注意ポイント。うっかり敵の防衛施設の前で集結するよう指示を出すと、あっという間に一方的に撃たれて蜂の巣になったりします。

 

ちなみに、相手の防衛施設に直接フレアを撃ち込むことで、その施設を攻撃するよう指示を出すこともできます。この場合、ユニットは最大射程から攻撃を始めます。

 

boom_beach_medikit攻撃中のユニットを回復させる「治療キット」です。


 

 

撃ち込んだ場所を中心に円を作り、円内の味方ユニットを回復させます。原稿執筆時点では効果はそこそこ、消費エネルギーもそこそこで、少し中途半端な感じがあります。

 

boom_beach_shockbomb「ショックボム」は、効果範囲内の敵防衛施設を一定時間攻撃不能にします。

 

一見地味に見えますが、実は非常に強力な支援砲撃です。反撃不能になった防衛施設は、攻撃ユニットによってあっという間に「溶かされて」いきます。

 

また、効果範囲もそこそこ広いので、防衛施設が密集しているところに撃ち込むと効果は抜群です。このショックボムがあるために、中盤以降の陣地設計では、防衛施設の距離を離して分散させることを意識せざるを得なくなります。

 

 

boom_beach_barage砲撃の派生版「一斉砲撃」。ロケット弾を大量に撃ち込みます。

 

普通の「砲撃」と違うところは、一度で十発以上ものロケット弾を束にして撃ち込むところと、一発一発の命中精度は低いところです。このため狙ったところに大ダメージとはなかなかいかないのですが、密集した施設群に浅く広くダメージを与えるには適しています(狙ったポイントに対しては、それなりの大ダメージは入ります)。

 

その特徴から、攻撃ユニット上陸前の露払い的な使い方が適していると言えます。攻撃ユニットが上陸してからでは、(命中精度の低さのために)友軍誤爆の恐れもありますしね。

また、密集した地雷をいっぺんに除去するのに使う人もたまに見かけます。

 

 

boom_beach_smoke最後に「煙幕」。これを使うと、指定地点周辺に煙幕を張ります。煙幕の中にいるユニットは、攻撃されることはありませんが、攻撃することもできません。

 

と、単純な能力なのですが、使いこなすとなるとなかなか難しい。

一つよく見かける使い方としては、近接攻撃しかできないウォーリアが、相手防衛施設に接近するまでの防御用、というのがあります。

もう一つ考えられる使い方としては、何らかの理由で相手防衛施設の目の前を(フレアを使って指示を出して)横切らなければならない時に、損害を減らす目的で煙幕を張ることが考えられます。

ただ、いずれにせよ使うタイミングや場所を決めるのがすごく難しく、使いこなすには慣れが必要と言えるでしょう。

 

次回、いよいよ「戦術編」! 乞うご期待!

ここまでで、一通りゲーム序盤の基本的な要素の説明は終わりました。

 

次回はいよいよ一歩踏み込んだ「戦術編」となります。お楽しみに!