pf_top第二次世界大戦。日米の艦隊決戦をテーマにしたゲームにも色々ありますが、今回はとても残念な惜しいと感じさせるiOS向けゲーム「Pacific Fleet」を見つけたのでご紹介。


 

 

オーソドックス……かと思いきや

本作は太平洋戦争における、日米海軍の艦隊決戦をテーマにしたゲームです。

 

史実では、戦艦同士の砲撃戦は起こらず、もっぱら航空戦で決着がついたこの戦争。しかし、ゲームではそれじゃ面白くないということで、空母だけでなく戦艦の見せ場もたびたび描かれますよね。

 

この「Pacific Fleet」もそんなゲーム……なのですが、これがちょっとした変わり種でして。

 

pf_ingame1ゲーム画面はこんな感じで、両軍最大三隻ずつの艦隊がぶつかり合います。

 

ゲームはターン制で、

 

プレイヤーの一番艦 → プレイヤーの二番艦 → プレイヤーの三番艦 → AIの一番艦 → ……

 

という順番です。

 

艦は順番が回ってくると 移動 → 攻撃 という順番で行動します。

 

移動は左右どちらにどれだけ舵を切るかをスライダーで選択し、速力をいくつかある段階から一つ選択。

 

一方の攻撃はいくつか種類があります。

 

魚雷攻撃は、撃つ方位を決めて発射するだけですが、遠すぎると魚雷が届きません。

 

メインとなる砲撃は、方位に加えて、仰角(ぎょうかく。大砲をどれだけ上に向けるかの角度)を決めて撃ちます……これがくせ者なのですが、詳細は後述。

 

また、空母が行える航空攻撃は「雷撃」と「急降下爆撃」のどちらかを選び、攻撃する艦を選ぶことで行います。

 

pf_torpedo「雷撃」はチキンレースよろしく投弾のタイミングを選ぶだけ。敵艦に近づけば命中の可能性は高まりますが、近づきすぎると撃ち落とされてしまいます。


 

pf_bomb1「急降下爆撃」は少し難しく、敵艦の上を飛んでいる爆撃機にタイミング良く「Dive」を指示し、

pf_bomb2次に投弾タイミングを選びます。まあ、UFOキャッチャーみたいな感じですね。

 

このほか、キャンペーンモードでは、ゲーム中に稼いだ「Renown(名声)」を使ってより強い軍艦を買ったり、軍艦にアップグレードを取り付けたりできます……なんて書くとプラス要素みたいに思えますが、これがそうでもなく。詳細は後述。

 

 

「Pacific Fleet」のここが惜しい! ~怒濤の五連発~

 

・惜しいその1 … 魚雷が曲がる

 

駆逐艦や潜水艦は魚雷攻撃をすることも多いです。砲撃と違って、方位が合ってれば命中しますので。しかし「よし! 命中だ!」と思った魚雷が、なぜか敵前で急回頭して外れる、という事態が多発。もうほんと、お前は魔球かと。

 

……どうやらこれは大戦初期における、照準器の不正確さを模しているらしいです。軍艦のアップグレードを購入することで、魚雷の命中率を上げられるとかなんとか。現実ならともかく、ゲームでそんなんありか。

 

・惜しいその2 … 魚雷が不発

 

「当たった!」と思っても、なぜか魚雷が爆発せず……どうやらこれは、大戦初期における、魚雷の不発率の高さを模しているらしいです。アップグレードを購入することで(以下略)

 

・惜しいその3 … 砲撃が当たらない

 

砲撃をする際、方位を合わせるのは問題ないのですが、問題は角度、つまり目標までの距離です。ちょっとでも間違えると、手前に着弾してしまったり、反対に飛び越してしまったりで、難しい。難しすぎる。

 

pf_adjust_range初弾は目算で撃つしかないです。次弾からは、画面右のアイコンをタップすると、画像のように前に撃った弾の着弾地点が確認できるようになるので、それを参考にして調整します。

 

画面左下のアイコンをタップすると「おおまかな調整」と「微調整」を切り替えられます。頑張りましょう。

 

……なお、アップグレードの「レーダー」を購入することで、適切な角度が瞬時に分かるようになります。ほんと、今までの苦労がなんだったのかってぐらいに。そんなんありか。

 

・惜しいその4 … 最初は潜水艦から

 

pf_campaign_mapメインとなるキャンペーンモードは、最初は潜水艦一隻から始まります。

 

「潜水艦……普通は駆逐艦からじゃね?」と思ったあなた。私もそう思います。

しかし、最初のミッションが「輸送船襲撃」とかだったので「ああ、チュートリアルみたいなもんかな」と思って気にせず続行……そこで我々は目の当たりにするわけです。「曲がる魚雷」そして「不発の魚雷」を。

 

・惜しいその5 … いろいろと分かりにく過ぎる

 

まず、このゲーム、画面の軍艦の上にアイコンも何もでないので、下手すると敵と味方が分からなくなります。また、慣れていないうちは、いまどの艦のターンなのかを忘れてしまうこともしばしば。

 

pf_order_of_battleそんな時は画面右のアイコンからこの画面を呼び出しましょう。黄色になっているのが現在順番が回ってきている船です。タップすると中央に表示されます。

 

あと、分かりにくいのが艦隊編成。

 

pf_fleets_makingこちらが艦隊編成画面です。艦隊は最大三隻ですが「旗艦」一隻と「護衛(Escort)」二隻により編成されます。

 

画面から軍艦を選択してEscortに編入するのはいいのですが、ややこしいのが旗艦の選び方。実は、画面に旗艦を表示させた状態で「Back(戻る)」を押すと、その時表示されている艦が旗艦になるというシステムになっています。そんなんありか。

 

 

おすすめはできないけれど……

そんなわけで、とてもではないけれど人におすすめできるわけではないこの「Pacific Fleet」。

 

pf_explosion重巡洋艦にレーダーを取り付けてからは、まあまあ面白くなってくるのですが……やっぱり、そこにたどりつくまでが苦しすぎるかな。


 

pf_sink「クソゲーとして面白い」と言えるほどじゃないですしね……雰囲気が大まじめだし、地味だし……

 

自分でもなんでこう長々と書いているのか分からなくなってきたところで、今回はおしまいです。