TbS2_thumb

というわけで、前回の基本紹介編を引き継ぎゾンビアポカリプスサバイバルゲーム「Trial by Survival」の攻略をやっていきたいと思います。

 

*「Trial by Survival」の基本を紹介する「基本紹介編」もあります

 

 

 

*ここでは、キャンペーンモードをクリアするために私が取った攻略法を掲載します。が、自分で攻略したいという方は見ない方が楽しめるかもしれません。また、ハイスコアを狙うとなると、まだまだ様々な攻略法があると思われます。

 

探せ! 探せ! 探せ!

さて、前回の記事でも説明したとおり、キャンペーンモードの勝利条件は「14日間生き残ってからスタート地点に戻る」です。

 

この課題をクリアするために重要なのが、武器及び防具の材料となるParts、そして弾薬を、いかにたくさん収集するかです。以下ではそれに焦点を当てて見ていきます。

 

TbS_map2_thumbさて、マップ画面なのですが、プレイヤーがいまいる位置は緑色で表示されます。

 

この画面からプレイヤーができるのは

 

1:今いる地点を「探索」

2:隣接する地点へ「移動」

 

の二つです。

今いる地点をタップすると自動的に「探索」に、隣の地点をタップすると自動的に「移動」になります。

 

何が違うかというと、まず出現するマップの構造が異なります。

 

TbS_travel1_thumb

「移動」の場合は、このように左右に長いマップで、一方の端からスタートし、もう一方の端の出口へと出ればクリアです。


 

TbS_search1_thumb一方の「探索」では、正方形かそれに近いマップが出現します。


 

実はこの「探索」と移動の違いは非常に重要で、というのも、出現するPartsや弾薬の量が「探索」の方が圧倒的に多いのです。

 

TbS_house_thumb探索では「移動」では決して出現しない「建物」が出現し、その中を漁るとPartsや弾薬がたくさん出てきます。

 

ただし、建物の中の様子は外からは見えませんので、入るときは注意しましょう。入った途端にゾンビに殴られるパターンが多いです。
 

TbS_survivalguide1_thumbちなみに、こちらはメニュー画面の「SURVIVAL GUIDE」の一枚。


 

何気ないように見えますが重要な一文「一部の設置物は近接攻撃することによりアイテムを落とします」が書かれています。

 

TbS_survivalguide1_zoom_thumb拡大画像。これらの設置物はバールや斧で叩くとPartsを落とします。これも基本は「探索」のみでしか出現しません。地味だけど意外と重要。

 

また、探索にあたってはもう一つ重要なポイントがあります。

 

TbS_map3_zoomゲームをプレイしていると、マップの地点にはそれぞれアイコンが割り振られていて、そのアイコンの種類によって出現するマップの雰囲気がだいぶ異なることに、すぐ気づくと思います。

 

主なアイコンは三種類あり、

 

1:森

2:郊外(住宅地)

3:街

 

です。「移動」の時はそれほど目立って地形が変わるということはないのですが「探索」になると違いは一目瞭然で「街」が明らかに家の数が多く、収集可能な資源も多いです。その次に郊外、最も資源が少ないのが森と言えます。

 

ではずっと街にこもって「探索」を繰り返していればいいのかというと、実はそうではありません。これについては後で詳しく説明しますので、今は「探索」をしたら次の日は「移動」しなければならない、ということで理解しておいてください。

 

まとめると、資源収集を効率よく進めながらマップを渡り歩くコツは

 

・街か、悪くても郊外を「探索」し、次の日に同じく街or郊外に「移動」する

 

ということになります。また、14日が過ぎたらスタート地点に戻らねばならないので、日数が経ってきたらその点も意識しましょう。

 

TbS_fort

ちなみに、マップの奥の方には、画像のような地下要塞の廃墟がランダムで出現します。

 

私も「きっと宝の山に違いない!」と喜び勇んで足を踏み入れたのですが……大したことはなく、暗くて探索と戦闘が面倒なぶん「期待外れ」という感じでした……

 

 

“Horde”…恐怖のゾンビ地獄

さて、マップ画面を開くと、赤い円で囲まれた地点があるのが分かると思います。

 

これは”Horde”が発生している地点です。”Horde”とは「群れ」という意味で、つまりゾンビが大量発生している地点なのですね。

 

Hordeはゲーム序盤に主にマップの隅の方で発生し、1日経過すると隣接する地点に拡大してきます。

 

TbS_horde_zoom移動した先がうっかりHordeの発生地点になっていると、Hordeに立ち向かわなければならなくなります。

この時は指定された数のゾンビを倒さねばならず、もし倒さずにマップを脱出できても、翌日はまた何度でもHordeをやらされる羽目になります。

無事に撃退することができれば、その地点からHordeは消滅し、マップからも赤い円が消え、元通りに移動できるようになります。

しかし、Hordeは撃退を繰り返せば繰り返すほど数が増えていきますので、ちょっと装備が整ったぐらいでは油断は禁物です。

 

基本的には序盤の装備で太刀打ちできる相手ではないので、Hordeの動向には気をつけましょう。可能なら、赤い円がついている地点の隣には、最初から移動しないことです。

 

また、先ほど「同じ地点で2日連続で探索してはならない」と書いたのは、三日目の朝にその地点に必ずHordeが出現するからです。あえて戦いたいのでもない限り、避けた方が無難でしょう。

 

ただし、後半では、スタート地点に戻るためにHordeを強行突破せなばならない場面もしばしば出てきます。

 

 

全てのライフル派を怒らせるライフル

Hordeを突破するためにはそれなりの装備を整えることが必要です。装備さえ整っていれば、一回目や二回目のHordeなら、それほど苦戦せずに突破できるはずです。

 

さて、おすすめの装備ですが……

 

TbS_revolver_zoom結論から言えば「14日間耐えてストーリーモードをクリアする」だけなら「リボルバー」と「ダブルバレルショットガン」で十分です。それぞれ、最初に手に入るハンドガンとショットガンになります。

 

逆に欲をかいてこれ以外の銃を買うと、Partsや弾薬の収支が厳しくなります。

 

特に初期のライフルである「ボルトアクションライフル」。これはいけません。1発ずつ手動装填するタイプのライフルなのですが、あまりにも連射が遅く、弾の節約以外に利点が見いだしがたいです。

 

このゲームでは、移動せずに立ち止まった状態を数秒続けてから発砲すると一撃で敵を仕留められる「Aim」というシステムがあり、この「立ち止まる時間」が短いというのがボルトアクションライフルの利点ですが、そんなものは連射速度の遅さを埋められません。

 

いや……正直、これを課金アイテムとして売ってるのは、ちょっとどうかと思いますね。ただし、二段階目のライフル「カービン」からは、連射速度がそれなりのものになり、ぐっと使いやすくなります。

 

話を戻しましょう。

 

TbS_perk_getXPでアンロックして装備することにより様々な能力を向上させるPerkですが、序盤は銃器の製作やアーマーの修理に必要なPartsを増加させる「拾得できるPartsが増加」がおすすめです。

 

中盤以降、リボルバー、次いでショットガンを製作することになると思いますが、そうなったら対応する武器強化Perkも取得しましょう。リボルバーには「弾が貫通するようになる」ショットガンには「着弾した時、一定確率で火災が発生する」というPerkがあります。

 

最後になってしまいましたが、弾薬の残量には常に気をつけることです。弾薬は三種類ほぼ均等に取得できますので、ハンドガンの弾がなくなったらショットガン、ショットガンの弾がなくなったらハンドガン、と交互に使っていると、両方が一度に弾切れになることは少なくなると思います。Partsに余裕があるなら、カービンを製作してライフルの弾薬に手をつけるのもいいです。

 

また、弾切れに備えてバールを持って行くのも一考の価値ありです。

 

 

キャンペーンクリア後の楽しみ

これだけやれば、14日間は耐えられると思います。

 

後はスタート地点に帰るだけですが、もう、うすうすお気づきの方も多いでしょうけど「お約束のアレ」がありますので、どうぞお楽しみ下さい。

 

私としては「リボルバーとショットガン両方を装備し、(特にショットガンの)弾薬を十分持ち、武器強化Perkを二つ装備する」という、万全の態勢で挑むことをおすすめします。

 

TbS_endingそんな試練を乗り越えた後の初回クリア時の喜びはえもいわれぬものです……死にまくりますからね、このゲーム。

 

しかし、キャンペーンを無事にクリアしたものの、まだもやもやしたものが残っていると思います……装備のほとんどは持ったことすらないままでしょうし、何よりもう一つのゲームモード”Arena”モードの説明を何もしていませんね。

 

TbS_arena1Arenaモードは、装備とPerkだけ選んだら、後はひたすら押し寄せるゾンビと死ぬまで戦い抜くモードです。


 

しかし、初期状態では使える装備は我らがバール一本のみ。

 

TbS_arena2実は、Arenaモードで使える武器をアンロックするには、キャンペーンモードでその武器を使って、一定数のゾンビを殺さねばならないのです。

 

この要求されるキル数はかなり厳しいですが……キャンペーンモードを最初にクリアする頃には、ダブルバレルショットガンとまでは行かなくても、リボルバーくらいはアンロックできてるのではないでしょうか。

 

Arenaでは弾薬は外から放り込まれますので、それを必死に拾い集めながら、一体でも多くのゾンビを倒しましょう。すると、稼いだXPに応じた枚数の金色のコイン”Scavenger Coin”が獲得できます。Scavengerとは「ゴミ漁り」といった意味です。

 

TbS_scavengerこのコインをキャンペーンモードで消費すると、なんと先行してゲーム内で死亡したプレイヤーの死体を漁って、その装備を拾得できるのです。

 

死体漁りはメニュー画面中ならコインがある限り一日に何度でもできるので、これを利用すれば、以前は不可能だったスピードでPartsや弾薬を収集できます。おそらく、上位の武器を製作し、その連射速度に相応しい大量の弾薬を確保するには、この死体漁りを有効活用するしかないでしょう。また、時として、銃器そのものが拾えてしまうこともあります。

 

……もっとも、このシステムが裏目に出て、上手い人はいつまで経っても死なないようになってしまったらしく、極端に良いアイテムが拾えることはあまりないのですが。

 

Scavenger CoinはArenaを一回プレイする毎にせいぜい3~4枚ぐらいしか稼げないので、けっこう効率が悪いです。

 

ただ、そのようにゲームバランス的に残念なことになってるものの、このシステムによりキャンペーンとArenaを往復しながらゲームを長く楽しめるというのは、なかなか面白いポイントです。

 

Arenaでショットガンを振り回してゾンビを蹴散らすのはそれ自体面白いですし、キャンペーンでは、14日を過ぎてからもスタート地点に帰らなければゲームは終わらないので、何日目まで生き延びられるかという挑戦をしたりもできますね。

 

 

まとめ … 非常に惜しい! 同じスタジオの次回作に期待。

残念ながら、先に述べたように死体漁りのシステムが現状では上手く機能しておらず、その分は大幅に評価を差し引かねばなりません。アップデートにより改善されるかどうかは、なんとも言えないところです……

 

しかし、このシステムが、プレイヤーにアリーナとキャンペーンの往復を促し、ゲームの寿命を延ばしているということは確かに言えると思います。私も、ArenaでPumb ShotgunやCarbineをアンロックするところまでは行きました。もうちょっとでMilitary Rifle やSMGもアンロックできそうです。もっとも、それ以上は効率よくコインを稼ぐことができなくなってしまいましたが……新しい武器の連射速度に弾薬の補給が追いつかないんですよね……こういうところに詰めの甘さが見て取れます……

 

また、Scavenger Coinは課金アイテムとして購入もできますけど、現状ではおすすめできる状態ではありませんね。

 

TbS_tempとはいえ、今まであまり触れてきませんでしたが、アクション部分は複雑なゲームとは違ったシンプルな内容が良い味を出していて普通に楽しめます。

何より無料ですから、気になったらやってみて、ダメなら課金せずにやめればいいだけ、という考え方もできます。

 

私もそう思ってこのゲームをダウンロードしましたが、特に後悔したということはありません。

 

むしろ、野心的なゲーム制作者を見つけられたな、という感じで、前向きに捉えています。Nah-Meen Studiosというところだそうですが、前作の、何やらやってみてもよくわからぬ(そしてポップな見た目の割に無駄に難しいw)猫のゲームよりは、着実に進化していますね。

 

今回は原石の磨きが甘かったようで上手くいきませんでしたが、是非、次回作はこれを超える良いものを期待したいと思います。

 

Trial By Survival - Nah-Meen Studios LLC

 

 

おまけ … 煙立つところに何がある?

TbS_smoke_zoomサバイバルの日々を過ごしていると、画像のように煙が立ち上っているのを見つけることがあります。

非常に運が良くないとできないことなのですが、ここは是非「探索」してみましょう。

 

TbS_treasure

うおおおおおおおお! 補給物資がいっぱい! 宝の山やああああ!


 

TbS_UFO一方、別のある日にはこんなものに遭遇……


 

ただ、この時は何も得る物も失う物もありませんでしたとさ (´・ω・`)

 

Trial By Survival - Nah-Meen Studios LLC