gnomoria_titleえー、今回も、誰もやらないようなゲームを見つけてしまいました。

その名も「Gnomoria(ノーモリア。たぶん)」。大地の妖精(……には見えませんが)「ノーム」たちを率いて、自分の王国を建設・運営していくゲームです。


gnomoria_title2

2013/04/23現在、GnomoriaはSteamのEarly Accessゲーム、つまり完成する前のβ版として販売されており、今後のアップデートでゲームが大きく変わっていく可能性はありますが、それでも現段階でもなかなか楽しめましたので、紹介記事をお送りしようかと思います。


 

先人へのリスペクトを忘れずに!

えー、普通なら、このままさっさと紹介に入りたいところなのですが。今回は一つ言っておきたいことがあります。

 

それは、このGnomoriaが、ある有名なフリーゲームのクローンっぽい、ということです。

んー、パクリとまで言えるかどうかは私には何とも言えないところですが、ゲームのコンセプトやプレイフィールが酷似している先発作品が存在します。

 

そのゲームの名は「Dwarf Fortress」。Gnomoriaと同じく、王国の建設・経営のシミュレーションゲームです。違うのは、こちらはノームではなくドワーフ(Dwarf)を使役すること……まあ……うん……。

 

ただ、ここまで聞くと「え? パクリゲーなの?」と思われるかも知れませんが、スクリーンショットを見ていただければ、なぜGnomoriaが紹介に値するか分かってもらえると思います。

 

gnomoria_ss1

こちらがGnomoriaのスクリーンショット。


dwarf_fortress

そしてこちらがDwarf Fortress……。


 

えーっと、つまり、Dwarf Fortressのグラフィックは信じられんほど昔風なのですね。少々マニアックなことを言うと、ローグライクゲームの伝統的なグラフィックスタイルらしいんですが……

しかも、マウス操作は一切なし。全てがキーボード操作というストイックぶり。

 

何が言いたいのか、そろそろおわかりいただけたでしょうか。そう、今回紹介するGnomoriaは、現代人にもどうにか受け入れられる程度のグラフィックや、マウスだけでもゲームを操作できる、いわゆる「GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス」を組み込み、カジュアルなゲーマーにも楽しめるようにしたものなのですね。

 

私も数年前からDwarf Fortressを知ってはいたのですが、その伝統的すぎるUIを前にして早々と挫折(それでも簡単な軍隊を編成するところまではいったんですが)。ただ、ゲームのコンセプトは現代でも十分通用すると思っていたので「これならどこかの開発者が現代風グラフィックス版を作るだろう」と期待して待っていたら、来てしまったわけですね。Gnomoriaが。

 

それではゲーム紹介! まずは何と言っても自給自足!

gnomoria_start

ゲームをスタートすると、この画像のように、あなたの王国の国民であるノーム(大地の妖精)たちと、食料などの所定の荷物、ヤクという牛の仲間の家畜と共に、何もない原っぱに放り出されます。


 

私はいつも「詰んだ」段階でゲームを辞めてますので、ゲームオーバーになるまでゲームをプレイした経験はありませんが、たぶん、このゲームでは、ゲームオーバーになる条件はノームが全滅すること。ノームが全滅する原因は主に二つです。

・食料などがなくなってしまう

・外敵の攻撃を防衛できなかった

逆に言えば、これにさえならなければ何をやっても自由です。

 

でも、せっかくだから、王国を大きくしたいですよね?

 

gnomoria_harvestまずは、周囲にある果物を収穫して食べ物を集めましょう。このゲームでも、文明の基盤は狩猟採集生活なのです(狩猟はほぼ実装されていませんが)。

また、王国の建設には何かと丸太が入り用です。木も切ってしまいましょう。必要になるのは少し先ですが、綿花(って普通に生えてるのだろうか?w)も収穫しましょう。


 

次は、ノームたちが生活する家を造りましょう。木材を組み上げて地上に家を建てるのもいいですが、このゲームの定石はずばり「穴を掘ってそこに住む」です。いや、洞窟生活とか言わないように。もともとノームは「大地の妖精」なんですし。それに、後から床や壁は石造りとかにできますし。

 

gnomoria_miningということで、画像は穴掘りを指示されたノームが、穴掘りに勤しむところ。穴を掘ると、建設資材になる土や石も得られるので、一石二鳥です。

掘る場所は、手近な山の中腹をそのまま掘り進めるか、近くに山がない時は、平地の真ん中に下り階段(down stairs)を作って、地下王国を建設するといいでしょう。

なお、後述する物作りには石が必要なので、石が見当たらない時は地下深くまで掘って見つけておきましょう。

gnomoria_farming

開始して少し経った地上の様子。切り倒して得た丸太や、収穫したイチゴが野ざらしになってますが、後から倉庫(Stockpile)を王国内に設定すると、そこに運び込むことができます。

また、畑や牧場を設定して、自給自足体勢を整えましょう。


 

物作り事始め

穴を掘ってそこに住むことにしたのはいいものの、そのままでは家具も何にもなくて殺風景ですよね。というわけで、物作りを始めましょう。

 

gnomoria_crafting

丸太を加工して木材を作り、木材を加工して椅子やテーブルを作ることができます。また石を加工して石材を作り、石材を加工して同じく椅子やテーブルを作ることもできます。

また、仕事場(Workshop)を作るのにも材料が必要で、上位の仕事場を作るのに必要な材料は下位の仕事場で作ります。


 

物作りについて、大切なことを一つ。ゲーム開始直後の目標は仕事場の「仕立屋(Tailor)」を作ることです。

 

少し順番に説明させてください。このゲームには季節の概念があって、一つの季節は12日です。ゲーム開始直後は春の一日目で、12日経過すると夏が来ます。一年目の夏から、外敵が王国に攻めてくるようになります。

外敵の強さは王国が持っている価値に影響されるので、最初の段階では攻めてくるのは武器だけ持った裸のゴブリンが二体とかで、撃退は簡単です。

 

ですが、現在、このゲームには回復アイテムが仕立屋(Tailor)で作れる「包帯(bandage)」しかありません。

つまり、襲撃で受けたダメージを回復するには包帯が、包帯を作るためにはTailorが必要になります。

そこで「夏までにTailorを建てる」を一つの目標にしましょう。

 

そして最後に、Tailorを建てる上で注意点が一つ。

Tailorを建てるには「骨の針(bone needle)」が必要になります。bone needle は「骨加工所(Bone carver)」で作りますが、制作にはもちろん骨(bone)が必要です。骨は基本的に、家畜を「屠殺場(Butchter)」で屠殺することで得られます。

ちゃんと牧場を設定しておけば、春の後半には牛に子供が生まれるはずですので、屠殺して骨を入手しましょう。

 

また、ノームたちはFarmerとかMinerみたいな職業を設定されていて、さらにその職業にはやるべき作業が細かく設定されています。骨の加工は初期メンバーの「やるべき作業」には入っていないので、Population画面から設定しておきましょう。この点は後日詳しく解説するかもしれません。

 

gnomoria_crafting2

包帯が作れるようになった段階の物作り広場はこんな感じ。右下にあるアイテムが大量に集まっている場所は倉庫です。木箱(crate)を作っておけば、もっとたくさん貯蔵できます。


 

国家は銃口から生まれる

さて、そろそろ最初の襲撃を迎え撃つ準備をしましょう。

 

gnomoria_wallまずは、王国の周囲に壁を築いて守りを固めます。斜面をどう塞ぐかが悩ましいですが、隙間はくまなく埋めましょう。


 

まあ、完全に周囲を壁で囲って引きこもってしまってもいいです。ゴブリンなどは、出現しても放っておけばのたれ死にしますので。が、これには二つの欠点があります。

 

一つは、王国に商人や入植者(新しい住民)が入って来れなくなることです。まあ、来る度に壁を崩してしまってもいいんですけれどもw

二つ目の欠点は……襲撃がないと、面白くないですよね?w

 

と、いうわけで、壁には一カ所だけ、穴を開けておきましょう。雰囲気を出すために、この穴を「門」とでも名付けましょうかw

 

次は軍隊の編成です。軍事(Military)から入って分隊(Squad)を作成、分隊にノームを割り当て、分隊の編成(Formation)を設定しましょう。すると、割り当てられたノームが、ゲーム開始時に持ってきていた装備を装着してくれるはずです。

 

gnomoria_training軍隊を作ったら、訓練をしなければなりません。訓練所(Traininng camp……だったかな?w)を作成し、門の近くに配置しましょう。訓練所に分隊を割り当てると、分隊は訓練所で訓練を始めます。こうすることで、門から入ってこようとする敵をいち早く見つけ、迎撃できます。


 

また、パトロールルートやガードエリアを設定して分隊を割り当てることもできますが……せっかくだから訓練させた方がいいんじゃないかなあ、うん。

 

gnomoria_hospital夏に入る前に、病院(hospital)を設定しておきましょう。負傷したノームはここで休み、治療を受けます。骨の加工と同じく、初期メンバーは医療や看護の作業を割り当てられていないので、適当に割り当てておきましょう。

画像は戦闘後、病院のベッドで休むノームたち。


 

さて、いよいよ夏が来ると、まずは新しい住民がやってくると思います。新しい住民の数は、王国の価値に左右されます。この段階では、まあ二人来ればいいんじゃないでしょうか。

新しい住民は言ってみれば無職なので、仕事を割り振ってあげましょう。

 

gnomoria_engageそうこうするうちに、最初の敵のおでましです。予定どおり、門の近くで訓練を続けていた兵士が、そのまま交戦に入ります。


 

gnomoria_combat偶然通りかかったノームたちも加勢しての戦い……!(注:先日のアップデートで、軍隊に入っていないノームは敵を見ても逃げるようになりました)


 

gnomoria_victoryやりました! 勝利です!

が、ノームたちは凱歌を上げることもなく、ある者は怪我の治療のために病院に向かい、またある者は仕事に戻っていきますw


 

まとめ ~今後のアップデートで充実するかがカギ~

序盤の展開はこんなところです。なかなか充実した王国経営生活が送れそうなゲームでした。

これ以降は、農場を増やして自給自足をいっそう強化すると共に、毎月五日に訪れる商人と物々交換するための商品を生産したり、やはり洞窟の壁を石材で作ったり、ノームたちに雑魚寝部屋の代わりに個室を用意したり、金属加工に挑戦してみたり……いろいろ王国を充実させていきたいところですね。また、罠(Trap)を作るなどして防衛を強化することもできるようです。

 

ただ、2013/04/23現在のゲーム内容では、やや物足りない気もするのは事実。元になったと思われるDwarf Fortressなどは、無限大にも思えるほどの膨大な要素がこれでもかと詰め込まれていたので(まあ、それがプレイアビリティの低下につながった感もなくはありませんでしたが)。

 

何はともあれ、早期アクセスの段階でこれだけできているのは評価したいです。7.99ドルというのも良心的ですしね。

今後のアップデートに期待が持てるゲームといったところでしょうか。

 

*2013/05/05 追記

Gnomoriaでゆっくり実況の動画を作ってみました。気になった方は動画紹介記事をどうぞ。

 

おまけ ~ところでノームって何よ?~

俺も昔はノームなんて知らなかった(遠い目)

日本語Wikipediaのノームの記事も滅茶苦茶薄っぺらいですしね。

 

が、以前たまたま4Gamer内のこの記事を見つけて、それで私もノームを知った次第です。

興味を持たれた方はどうぞ。