shameless_country一週間ほど前の話だったでしょうか。その頃、稀勢の里関の横綱昇進というニュースに、日本中が盛り上がっていました。

 

しかし、この稀勢の里関のニュース、やたら「日本出身力士としては十九年ぶりの横綱」、つまり「日本出身」というワードが繰り返されていたのですね。

 

ご存知の方も多いでしょうが、なぜ「日本人」ではなく「日本出身」という表現になったかというと、1999年に横綱に昇進した武蔵丸関が、ハワイ出身の帰化日本人だったからです。

 

帰化日本人である武蔵丸関のことを「日本人ではない」とすると、明らかな差別になってしまう……だから稀勢の里関に「日本出身」という表現を使うわけです。

 

……わけなんですが、連日わざわざ「日本出身」を連呼する人たちの心の底には、どうやら「武蔵丸は日本人ではない」という意識があるようです(そうでなければわざわざ稀勢の里関を「日本出身」と連呼する理由がありません)。

 

こうした「帰化日本人は純粋の日本人ではない」という「純血意識」は、昨年、ラグビー日本代表(帰化日本人が多い)の活躍が報じられた時にも見受けられ、この問題が相撲界にとどまらず、日本に広く浸透した問題であることをうかがわせます。

 

結論から言えば、私はこうした「帰化日本人に対する差別意識」は非常に問題があると思います。

 

記事タイトルの通り「帰化日本人に対する差別は、日本を恥知らずの国にしてしまう」というのが、この記事の主旨です。

 

アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプの口癖は、

 

「嘘だッ!」

 

である(これは本当だ)。

 

今日も「オバマ大統領の就任式の方が人は多かった」などと報道しやがったメディアに、

 

「嘘だッ!」

 

の一撃を浴びせてきたところだ(本当は嘘じゃないけど)。

 

ふう、メディアとの戦いは疲れるぜ、などと思いつつ、トランプは秘書に次の予定を確認した。

 

次の予定は、日本の勇者シンゾー・アベとの電話会談だった。

 

640px-Japanese_Embassy_in_Seoul_and_watched_from_behind_a_bronze_statue_of_comfort_women慰安婦の少女像を巡る問題で、日韓関係が揺れています。

 

発端は、韓国の市民団体が、釜山の日本総領事館の目の前に、従軍慰安婦を象徴する少女像を設置したことです。

 

ソウルの日本大使館前にも以前から同様の像があり問題になっていましたが、これに続く像の設置に、日本からは保守勢力を中心に批判が高まりました。

 

特に、慰安婦問題に関する日韓合意で、韓国側に少女像問題を解決するよう求める文言(この記事では便宜上これを「少女像条項」と称します)が含まれていたにもかかわらず、今回の事態となったことに、怒りが噴出します。

 

これを受けて、日本政府は大使の一時帰国、通貨スワップ協定に関する協議の中断など、やや強めの対抗措置をとりました。

 

日韓関係に緊張が高まり、おそらく、改善の兆しが見えた日韓関係が再び悪化するきっかけとなりそうな雲行きです。

 

この記事で示す、私の考えは次の二つです。

 

1:状況を考えると日本政府の対抗措置そのものはやむを得ない。しかし、時期が非常に悪い。韓国の大統領選が終わるのを待つべきではなかったか

 

2:少女像条項の存在によって、全体としては日本に非常に有利な内容だったはずの日韓合意が、崩壊の危機に瀕している。そもそも、日韓合意に少女像条項を盛り込んだこと自体が間違いではなかったか。

 

では、順番に論じていきたいと思います。

 

久しぶりの更新でこういう内容を掲載するのはどうにも気が引けるのですが……

 

いえね、今年の年末年始はですね、どうも多忙でして。

 

そのせいで、恒例企画「KAWAISO OF THE YEAR」もできそうにないですし、収支報告も書き初めもできそうにないし……

 

いや、忙しすぎて疲労困憊してるってわけじゃなくて、むしろブログ書く他に好きなことが出来てそっちの方が楽しいって現状だから、私自身はこれでいいんですけれども。

 

とはいえ、ブログ。もうだいぶ更新できてなくて……いやはや。

 

しかし! 一つだけ良いお知らせをすると、ただいま新しい長編小説を鋭意準備中です。

 

早ければ来年五月。遅くとも夏ぐらいまでには公開できるんじゃないかなーと思っております。

 

というわけで、こちらはそんな感じの年末というわけでございます。以上、取り急ぎのご報告でした。

 

それでは皆さん、よいお年を。

south_china_seaうーん、中国が南シナ海で軍事拠点化を進めている問題。

 

 

どうも私には、アメリカがこのまま泣き寝入りするとは思えないんですよね。